SV MARGARITA 2015 - Lagoon 450 (その6) イオス島Pikri Nero

Before Sunrise Ios Port

翌日、夜明け前に目が覚めデッキに上がると、既にキャプテンが出港の準備を始めていました。05:34と表示されたコクピットのモニターを見て風が落ちていることを確認しました。

L450 Monitor Ios Port

イオスの港を夜明け前に出港し、島の点在する美しい入江に停泊して朝食をとることにします。アンカーを揚げるウインチとアンカーケーブルの音に続き、起動したエンジンの音が静まった港に響きますが、家族は寝たままSV Margaritaは静かな海面を進んで行きます。

Depart from Ios Port

イオス湾を抜けても波は殆どありません。沖合で日の出を迎えました。
さて、次の目的地は海からしかアプローチが出来ないビーチです。
できれば、誰もいないビーチの沖に停泊し朝食を楽しみたいとの希望をキャプテンに伝え、Pirki Neroという名前の小さな入江に向かうことにしました。

Pirki Nero

Pirki Neroの入江に投錨後、早速テンダー(キャプテンはディンギーと言っていましたが)を出してもらい、カメラを持って上陸します。見晴らしが良さそうな場所を目指して小高い丘に登って見ます。朝日が入江を照らし素晴らしい光景が眼下に広がっています。2つの無人のビーチを独り占めする快感は何とも言えません。
以前、訪れたフリゲート島のAnse Victorinにアプローチしてきたカタマランヨットを思い出しました。

Margarita at Pirki Nero

望遠レンズでMargaritaに焦点を合わせると、デッキ・テーブルに朝食の準備がされているのが見えました。ビーチに降りて合図をするとテンダーで迎えにきてくれます。

SV Margarita Tender

すっかり満足してヨットに戻り時間を確認すると未だ朝7時50分でした。素晴らしい一日になる予感がします。

テーマ : クルーズ - ジャンル : 旅行

SV MARGARITA 2015 - Lagoon 450 (その5) イオス島Chora(ホラ)

Ios fron hill top

イオス島のChora(ホラと発音するみたいです)の街を抜けた丘の上に3つの小さなギリシャ正教の教会があります。港からゆっくり40分ほど登っただけでこのようなイオス港の素晴らしい眺めを楽しむことができます。白く丸で囲ったのはLagoon 450 Margaritaが停泊しているところです。

Choraは、車が入れない細い路地沿いに建物が建つ人口1,500名程の小さな町です、昼間は眠ったように静かです。時折、若い旅行者がバックを引き摺って港から登ってきますが、ここが地中海でも有名なパーティー・アイランドとは俄に信じがたいです。

Chora Ios IsJPG

但し、港には冒頭の写真にあるような高速艇、フェリーがどんどん接岸して若者達を吐き出しています。驚いたことに夜中もフェリーが着くのですね。アテネのピレウス港からも毎日何便ものフェリーがこの小さな島に出ています。

Ios Ferries

丘の上には小さなギリシャ正教の聖堂というか祈祷所のような建物が3つあります。鍵が掛かっていて入ることはできませんでしたが、ここからの眺めは素晴らしいです。

Ios Church

丘の頂上にあるのは、Agios Nikolaos(聖ニコラス)という名前の聖堂ですが建立年は解りません。このあたりは14世紀頃からの歴史があるそうですが。

Panagia Gremiotissa Church

椰子の木と青い空、さらに青い丸屋根と真っ白な壁の教会とギリシャの島のイメージそのままの光景ですが、乾いた空気の中で見事な美しさです。

Chora Town

これも絵に描いたような真っ白な壁の狭い路地を抜け港に戻りました。すっかり陸を満喫して、ヨットでクルーズ中であることを忘れてしまいそうです。ところで、イオス島はホメロスが没した島と伝えられております。墓所もあるそうですが、流石に今回の旅の趣旨と異なるので訪れませんでしたが、神話に満ちた島なのですね。

テーマ : クルーズ - ジャンル : 旅行

HAPPY NEW YEAR 2017

Margarita Ios Sunrise

明けましておめでとうございます。

この写真は、昨年7月初旬にギリシャのキクラデス諸島でLagoon 450をチャーターした際にIos島沖から撮影した光景です。海から陽が昇るの見ることは出来ませんでしたが、夜明け前の薄明かりの中を出港し、海上で迎える日の出は格別でした。

昨年は、各々短い期間でしたが欧州と北アフリカに合計4回旅行しました。最近ヨーロッパ方面から遠ざかっていたのですが、今年も南ヨーロッパの旅を計画したいと思っています。帆船紀行は2018年のスタバンゲル訪問までお預けになりそうです。

WIndstar in Sunrise

上の写真は、朝日に照らされながら帆走クルーズ船Wind Starがサントリーニ島のカルデラに入ってくる様子をイアのヴィラから撮影した光景です。

Wind Star at Santorini

僕は巨大なクルーズシップでの旅にはあまり興味がないのですが、小型の帆走クルーズシップはどんな感じなのでしょうか。Wind Starは、乗客148名が定員だそうですので、クルーズ船の分類では小型になりますが、あまり帆船っぽさがありませんね。どうせだったら、Star Clipperあたりが面白いかもしれません。

ところで、最近帆船模型熱が再燃してきましたので、今年こそはFlying Fishを完成させたいと思います。2011年に制作を開始して既に6年経ってしまっていますし。

それでは今年も宜しくお願い致します。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

SV MARGARITA 2015 - Lagoon 450 (その4) イオス島

Santorini to Ios

サントリーニ島のイアを18:30に出発し、次の寄港地であるイオス島(Ios)に向かいます。向かい風が強い中でピッチングが激しく、高い位置にあるコクピットまで波飛沫が飛んできます。冒頭の写真は日没後21:30頃、Margaritaの船上から撮影したものです。遠くに見えるのはSikinos島です。

20海里(Nautical Miles)程度の距離ですが、Iosの港に入った時は22:00を過ぎていました。飛行機でアテネ経由でサントリーニ島に飛び、空港からマリーナに直行しましたので長い長い一日です。カタマランでの荒れた海の航海になってしまい家族もグッタリです。

Arrival to Ios Port

小さなイオスの港はとても混み合っていましたが、キャプテンが巧くLagoon 450の幅広いハルをモーターボートの間に押し込みました。キクラデス諸島の小さな島々は港も小さくバースも少ないので、風が強い夜に到着したら停泊できるかは賭けだそうです。

こんな小さな島ですが、23:00を過ぎてもレストランもお店も殆ど開いています。夜食にギュロスを食べ、新艇のLagoon450の快適なバース(ベッドルームの方が相応しい表現と思いますが)で熟睡しました。

Ios Harbour sunrise

翌朝、日の出の前に目が覚めデッキに上がります。天気は良さそうですが、かなり風があります。キャプテンが刻々と変化する海上の状況チェックしますが、残念乍ら風は益々強くなる予報で、予定していたビーチ巡りには適しません。この日の朝、イオス港を出航したヨットは、130ft(39.9m)のスーパーヨットRox Starと、アメリカのデラウェア船籍のBeneteau Oceanis 46の2隻のみでした。

Spiga Oceanis 46

Oceanis 46は、Spigaという名前でフェンダーカバーにも船名を入れており、オーナーヨットの雰囲気満点です。デッキにいた夫婦2組でクルーズしているみたいで羨ましいです。但し、風も強く潮流もあるのかヨットはかなり流されていました。

Ios Jetty

ヨットが犇めき合って停泊しているマリーナのバースも波に洗われだしています。出航を諦めこの日はイオス島で過ごすことにします。イオス島は人口が約2,000人。空港もない小さな島です。

Ios - Chora

丘の上に見える教会を目指して、Choraという町に行ってみることにしました。

テーマ : クルーズ - ジャンル : 旅行

SV MARGARITA 2015 - Lagoon 450 (その3) 

Approaching to Oia shore

イア(Oia)が断崖絶壁の上に見えてきます。正面の海岸沿いに見えるのはArmeni Bayです。ほんの小さな埠頭と建物がある場所ですが、イアの町からどうやって降りるのでしょうか。

SV Margaritaは、Armeni Bayではなく、断崖絶壁の下の誰もいない小さな入江に入っていきます。よく見ると青いブイがあり停泊地のようです。ブイを引き寄せて舫い、アンカーを下ろすとカタマランは微動だにしなくなりました。沖は風が強かったのですが、島影に入ると静かになります。

Margarita Oia shore (1)

時計は17:00を廻っていますが、日没は21:00ですので太陽は燦々と降り注いでいます。子供達はスノーケリングのフィンを付け、驚くほど透明な海に飛び込み素潜りを楽しんでいる間に、クルーは夕食の準備に掛かります。

Margaritaの船尾に4つのMagma製のガス・グリルが取り付けてあり、手際良くシーフードと野菜がグリルされます。Margaritaの名前が彫られた後部デッキの木製テーブルにテーブルクロスが掛けられ、夕食の準備が整った頃に子供達がヨットに上がってきました。何とスイミング・プラットフォームに付けられている真水のシャワーを浴びテーブルにつきます。

Magma Marine Grill

夕食を終えるとサントリー島を後にしてイオス(Ios)島に向かいます。海上から眺めるイアの風景は信じられないほど美しいです。

Oia from the Sea

次はイオス島について書いてみます。

テーマ : クルーズ - ジャンル : 旅行