FC2ブログ

Adventure Cat・サンフランシスコ湾クルーズ (その4)

SF Skyline

Adventure Catはサンフランシスコに向けて滑るように帆走します。

ゴールデンゲート・ブリッジでは霧がかかっていたのですが、サンフランシスコの街には抜けるような青空が広がっています。モノホール艇のPrivateerとすれ違いました。機走中で波に揺られピッチングしています。カタマラン艇の安定した動きとは異なり、船上で写真を撮影するのも大変そうです。

Privteer, SF

今度はロケット・ボートとすれ違います。まるで遊園地の乗り物のように何度も輪を描いて疾走しています。風景を楽しむ遊覧船ではなくアトラクション艇ですね。長男が少し羨ましそうに眺めていました。

Rocket Board SF

どんどんサンフランシスコの街に近づきます。美しい3本マストの全装帆船バルクルーサ(Balclutha)が見てきました。1886年に建造されたフルリグド・シップ型の帆船について後ほど詳しく書いてみたいと思います。

バルクローサとSF

メインセールがするすると降りてきて、機走に切り替え埠頭に向かいます。ファーリング・ジブも素早く巻かれていきます。カタラマン艇なので幅が広いのですがとても小回りが利く感じがします。

A-Cat Down the sail

僚艇のAdventure Cat 2の正面に停泊して1.5時間の短い航海が終わりました。退屈する暇もなく、今回のクルーズはとても堪能できました。サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフに来るのであればAdventure Catはお勧めです。今回のクルーズは13:00からでしたが、サンフランシスコは午後から晴れることが多いらしいので、15:00からのクルーズの方が良かったかもしれません。

Pier 39, SF

次はHyde Street Pierに戻ります。

Adventure Cat・サンフランシスコ湾クルーズ (その3)

A Cat SFB view

ゴールデンゲート・ブリッジを左手に眺め快適に帆走中です。

Golden Gateという名前の由来を紐解くと、なかなか面白い史実があります。
アメリカの軍人で、探検者で、政治家であったジョン・フェモント(John C. Fremont)が1846年7月に、サンフランシスコ湾から太平洋に通じる狭い海峡を見て、「To this Gate I gave the name of “Golden Gate” for the same reasons that the harbor of Byzantium was called "Golden Horn.”」と命名したそうです。

ゴールデンゲートというとなんとなく、1848年から始まるカリフォルニアのゴールドラッシュを想像するのですが、この名前は金が見つかる2年前につけられていたのですね。

Golden Horn Istanbul

上の写真は、2004年に撮影したイスタンブールの金角湾(Golden Horn)の入り口です。湾の規模は大いに違いますが、ジョン・フェモントはなかなか粋です。無論、公式にイスタンブールの名前になったのは1930年ですので、19世紀には、欧米ではコンスタンチノープル、或いは330年に即位したコンスタンティヌス1世以前の名称ビザンティウムが一般的に使われていた筈です。

Istanbul from the air

この写真は、偶々イスタンブールの上空を通りかかった時に10,000m程の高度から撮影したものですが、金角湾の名前の由来(角の形の湾)がよく分かると思います。

さて、ゴールデンゲート・ブリッジの話題に戻ります。

A Cat and SF Bridge

公式サイトに日本語で詳しく解説されていますが、この巨大な吊橋は世界恐慌の真っ最中1933年に始まり、1937年に完成しました。濃いオレンジ色の美しい構造物です。今度、機会があれば自転車をレンタルしてのんびりとこの橋を渡ってみたいと思います。

水面から橋の高さが220ft(67m)、水面から主塔の高さは746ft(227m)です。主塔の上部は霧に隠れ見えませんでしたが、遠くからみると優雅な橋も、水面から見上げるとあまりに巨大で畏怖を感じる程です。

Gゲートブリッジ

Adventure Catはゴールデンゲート・ブリッジを通過すると間もなく反転し、サンフランシスコ湾に戻りました。ちょうど橋を通過した時に霧が出ていましたが、青空より雰囲気があるかもしれません。

A Cat Passing SFB Bridge

さて、僅か1時間半のカタマラン艇によるクルーズは終盤に差し掛かっています。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

Adventure Cat・サンフランシスコ湾クルーズ (その2)

Adventure Cat (6) ジブ

Adventure Catのファーリング・ジブを展開している写真です。
メインセールとジブを展開して風圧が掛かってきているのですが、カタマラン艇はビクともしません。恐ろしい程安定していてローリングは皆無。大型のカタマラン艇に乗るのは初めての体験でしたので新鮮な驚きでした。

A Cat and Al Island

Adventure Catが出港した時は青空が覗いていたのですが、どんどん雲がかかってきます。アルカトラズ島を目指していますが、いかにも監獄島に向かっている雰囲気です。真夏ですが、海の上で太陽が陰ると肌寒くなります。Adventure Catに常備してあるヨットパーカーが配られました。

さてアルカトラズ島は、1860年代より監獄として使われてきたそうですが、1898年の4月21日~8月21日の米西戦争で熱病に掛かった傷病兵もこの島に隔離されていたそうです。

アルカトラズ島

今のような物々しい要塞のような刑務所になったのは、1912年頃からだそうですが、近寄ってみるアルカトラズ島はやはり陰気な感じで上陸して見学する気持ちが湧きません。

A Cat Sails

天気が回復してきました。気持ちよい海風に吹かれながら、今度はサウサリート(Sausalito)に向かって帆走します。前部甲板の代わりにトランポリンがあり、子供たちは寝そべって海を眺めています。モノホールの帆船では有り得ない光景です。舳先にも自由に行き来できますので、観光帆船としてカタマラン艇は本当に優れていますね。

Adventure Cat (4) トランポリン

美しいサウサリートの街が見えてきました。街の上に霧がかかっていて、見る見る間に真っ白のベールで覆われました。サンフランシスコらしい風景ですね。

Sausalito.jpg

次はゴールデンゲート・ブリッジに向かいます。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

Adventure Cat・サンフランシスコ湾クルーズ (その1)

Adventure Cat (1)

2012年の夏にサンディエゴでヨット・アメリカに乗って以来、久しぶりに家族で帆船クルーズを楽しみました。

サンフランシスコの賑やかなPIER 39から、Adventure Catという名前の大型カタマラン艇が毎日ベイ・クルーズに出ています。

写真は、埠頭から眺めた55ftのAdventure Catですが、帆船としての雰囲気はありません。美しいヨット・アメリカの復元船とは大違いです。FRP製の船体と単純な艤装で、Hobie Cat を大型にした感じです。

Adventure Cat (2)

ところが乗り込むとキャビンはほぼ正方形型で広く、同じく船首部分にトランポリン・ネットもありスペースに余裕があります。定員49名だそうです。このカタマラン艇は、シアトル在住のKurt HughesがデザインしたDay Charter専用のヨットだそうです。1991年建造なので、23年前の船ですが綺麗に整備されているので古さを感じません。

Adventure Cat-2

上はAdventure Catの前に停泊していた最新鋭の姉妹船Adventure Cat 2で、65ft、定員99名。僕たちのクルーズは、小さな子供達がいるグループと数家族だけでしたので、55ftのAdventure Catでもとても余裕がある感じでしたが。

キャビンには、クルーズ航路が判りやすく描かれています。Day Sailは僅か1時間半のクルーズですので退屈することはありません。

Adventure Cat (3) デッキ

Adventure Catは、静かにPIER 39を出港します。メインセイルを揚げるのも可也容易な感じです。

Adventure Cat (5) Main Sail

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

近況(2014年夏の休暇)

San Francisco

久しぶりの更新です。

今年の夏は、2年ぶりにアメリカ西海岸で過ごしました。2000年8月以来、なんと14年ぶりにサンフランシスコを訪れました。

Golden Gate Bridge

あまり塩っぽい話はなかったのですが、南カリフォルニアからサンフランシスコを車で往復して、見事な景色が続くPacific Coast Highway(State Route 1、州道1号線)のドライブを存分に堪能しました。

上の写真は、カタマラン艇によるサンフランシスコ湾クルーズの一場面です。ゴールデンゲートブリッジの真下に差し掛かった時に、ニューヨーク・サンフランシスコ間の帆走記録樹立の場面を思い起こししていました。

SF Sailing

美しいサウサリート(SAUSALITO)の沖を気持ちよく帆走するヨットを眺めながら、潮風にあたる至福の時を楽しみました。

冒頭の写真の背景に写っている、1886年建造のシップ型帆船バルクルーサも見学しましたので順次記事を書いていきます。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行