USS Constitution 1797(その5、コンスティテューション再訪)

USS Constitution 2009 (2) 全景

2008年7月に続いて2009年7月にもUSSコンスティテューションを訪れました。ホテルから歩ける距離ですが、突然雨が降ってきてしまいました。

冒頭の写真が、2009年7月のコンスティテューションの姿です。各マストともロワーマストだけの姿で、メインマストはシュラウドもトップも取り外されていました。スパーデッキは殆ど仮設の屋根で覆われているので、雨天でも見学は問題がありませんが、メインマストは、シュラウドもトップ(檣楼)も外されていました。

USS Constitution 2009 クオーターデッキから後方

上の写真は、スパーデッキから艦尾を撮影したところです。左に見えるのがミズンマストです。張り替えられたばかりにデッキ材が雨に濡れて美しい色です。帆船模型で、デッキ材は(潮風で退色したチークのような)白系色に拘る人もいるそうですが、今まで見てきた帆船を見るとデッキ材が塗装されていたり、濃い色の木材であったりと色々なパターンがあると思います。もっというと、総チーク張りのデッキにお目に掛かることは少なく、模型製作のデッキの色は好みの問題だと思います。因みにデッキ張りのパターンは、定石通りの3バットでも4バット(3,4 Butt Deck Planking)でもないので、唸ってしまいます。

USS Constitution 2009 艦正面

コンスティテューションは、毎年7月4日の独立記念日にTurn-aroundと称してCharlestown Navy Yardからボストン湾に引き出され、Castle Istalndの要塞に向け、21発の礼砲を発射するそうですが、このTurn-aroundの度に、停泊の向きを変えます。2008年7月から1年間は、艦尾係留でしたが、2009年7月から艦首係留となっていましたので、コンスティテューションの艦首をじっくりと観察することが出来ました。

USS Constitution 2009 艦舷

上の写真は左舷の24ポンド長砲の砲列です。何度見ても見事な光景です。

この世界最古の現役フリゲート艦については、2008年に訪れた時も幾つかの記事を書いておりますので、今回はもう少し詳細な写真を紹介していきたいと思います。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する