コンステレーション(USS Constellation 1854、その9 艦歴について)

USS Constellation at Italy WEB

絵葉書からの引用ですが、この絵は1862年にナポリをベースに活動したイタリア人の海洋画家Tomaso de Simone(1805-1888)が描いたものです。

USSコンステレーションは、その1で書いたように、ヴァージニア州のノーフォークの海軍工廠で1854年に進水し、1855年7月28日に就役しました。

USSコンステレーションは就役後直ぐに、アメリカ海軍地中海艦隊に編入し、Charles H. Bell艦長の指揮下、1858年4月17日までの約3年間、地中海での哨戒業務に従事しました。その後、1859年6月にアメリカ海軍アフリカ戦隊(African Squadron)の旗艦として再就役し、奴隷船2隻を拿捕する戦果を上げています。1861年4月の南北戦争勃発に伴い、北軍(Union Navy)に所属したコンステレーションは早速1861年5月21日に、サウス・カロライナ州の奴隷船Tritonを捕獲しています。これは北軍による最初のアメリカ連合国の船舶の捕獲だそうです。

1862年から1864年に掛けて地中海方面での哨戒活動を実施。冒頭の絵画は、ナポリに寄港した際に描かれたものだと思います。この時期は南北戦争中であったことから、特にアメリカ連合国側の通商妨害業務、さらに1864年11末からはバージニア州ハンプトン・ローズ(Hampton Roads )を拠点に海上封鎖業務にあたりました。因みにここは1862年に史上初めての蒸気装甲艦同士のハンプトン・ローズ海戦が行われたところで、アメリカ連合国海軍の装甲艦バージニアが、合衆国海軍の50門搭載の大型木造フルゲート艦USSカンバーランド (USS Cumberland)を衝角で撃沈した場所です。

この時点で既にコンスレテーションは(就役から10年しか経っていないにも拘わらず)、時代遅れの木造帆走スループ艦となっており、1865年1月には乗組員をペイオフ、南北戦争の終結時(1865年4月)にはノーフォークにて新兵受入艦(Receiving Ship)になっていたのでした。

その後、コンステレーションは1871年に再就役して士官候補生の練習艦として活躍します。1878年には、アメリカからパリ万博(Exposition Universelle de Paris 1878)への出展品をUSSコンスティテューションと共に輸送しています。1893年のジブラルタルへの航海がコンスレテーションの最後の帆走となりました。この写真は公式WEBから引用したものですが、この19世紀末に撮影されたものでしょうか?

USS Constellation under the sail

1894年5月にコンステレーションはロードアイランド(Rhode Island)州のNewportに移され、ここでは係留されたままの練習艦として1920年迄使われました。1900年にEdison Manufacturing Co(発明家トーマス・エジソンが設立した会社ですね)が撮影したセイル・ドリルの動画が残っており興味深いです。

1920年以降、アメリカ海軍がセイル・ドリルによる水兵教育を中断したので、それからコンステレーションは、1926年からはフィラデルフィアで保存されていたUSSオリンピアと並んで係留されたり、又、ニューポートに戻ったりと流浪生活に入り、とうとう1933年6月13日に海軍リストから除籍する決定が下されたのでした。この際に、記念艦として保存する為の費用の積算等もされていたにも拘わらず、きな臭い世界の動きの中で(1933年にはナチス・ドイツが政権についていますね)、コンステレーションの処遇は棚上げされました。

そして、第二次世界大戦中の1940年8月24日にUSSコンステレーションは再就役し、1941年5月21日にアメリカ海軍大西洋艦隊の総司令官(Commander-in-Chief of the U.S. Atlantic Fleet)のErnest J. King提督の旗艦として就役旗を揚げたのでした。その後もE.Ingersoll提督(海軍中将)の旗艦となり、断続的に1944年迄アメリカ海軍に象徴的存在としてUSSコンスレーションには将官旗が翻っていました。

第二次世界大戦後、1946年にコンステレーションはボストンの海軍工廠に移されましたが、結局予算不足(!)により満足な修復ができないまま、ちょうど就役から100年後の1955年にアメリカ海軍の艦船リストから除籍されました。

USSコンステレーションの戦歴を見ると、33回の海戦を経験して不敗神話を作ったUSSコンスティテューションと比較すると地味な感じは否めませんが、現存する最後の帆走スループ艦として、とても大事にされているようなので嬉しいですね。

USS Constellation at Baltimore Final

これでUSSコンステレーションの記事は終わりにします。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行