フィラデルフィアに到着する (At Penn's Landing)

Moshulu (1)

フィラデルフィアでは、Hyatt Regency at Penn's Landingを予約しました。ホテル選定の理由は単純で、Historic Areaを歩いて廻れること、それとIndependence Seaport Museumに隣接していることからでした。

冒頭の写真は、1904年に建造された4本マスト・バーク型帆船のMoshuluで背景の建物がハイアット・ホテルです。

ハイアットには、眺望がある部屋をリクエストをしておりましたが、期待通りに最上階のコーナー・ルームを用意してくれました。明るい部屋でバスルームからもデラウェア川が見えます。下の写真は部屋からの眺めです。デラウェア川とHistoric Areaを見下ろす感じです。夜はデラウェア川で打ち上げられた花火も部屋から見ることが出来ました。

View from Hyatt PL (1)

View from Hyatt PL (2)

View from Hyatt PL (3)

フィラデルフィアの滞在は1泊だけでしたが、Historic Areaを歩いて廻り、このアメリカの古都を満喫しました。何処に行っても同じブランドが入ったモール、ファーストフードの看板を見飽きていましたので(モールでの買い物は決して嫌いではありませんが)、逆にフィラデルフィアの街は新鮮でした。今回は観光名所(リバティー・ベルとか、ベッツィー・ロスの家とか)を駆け足で廻っただけでしたが、今度またゆっくり訪れたいと思いました。

実はフィラデルフィアで見学するのを楽しみにしていた、バ-ケンティン型の元ポルトガルの木造漁船Gazelaは、なんと2010年7月25日にPenn's Landingを出航、マサチーセッツ州のNew Bedfordに向け5年ぶりの航海に出ていたのでした。この帆船は、1976年のアメリカ建国200年祭のニューヨークでの帆船パレードの際、Gazela Primeiroの名前で、「パレードに参加した最古の木造帆船で1883年に建造された」として紹介されていた船です。数日の差でGalezaに会うことが出来ませんでしたが、フィラデルフィア再訪の際の楽しみとしたいと思います。

それでは次の記事から、MoshuluとIndependence Seaport Museumについて書いていきたいと思います。

テーマ : アメリカ - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する