サウス・ストリート・シーポート(NYC South Street Seaport、その1)

Peking 1

マンハッタン(Lower Manhattan)のウォール街(Wall Street)を東に抜け、ブルックリン橋(Brooklyn Bridge)の方向に歩いていくと、左手に大型帆船のバウスプリットが見えてきます。ここがサウス・ストリート・シーポート(South Street Seaport)です。

先ず眼に入るのは、1911年に建造されたPekingの黒い船体です。船首像にはこの帆船がFlying P-Linerであったことを示すFL(ハンブルクの海運会社F. Laeisz)の紋章が誇らしく刻まれています。

4本マスト・バーク型帆船のPekingの横に係留されているのは、3本マスト・シップ型帆船のWavertreeです。この船は1885年に英国のサウザンプトンで建造されました。

サウス・ストリート・シーポートには、観光バスが途絶えることなく押し寄せており、Pier 17にはフェリー、観光船が忙しく発着し大変な喧騒です。

South Street Seaport Museum

South Street Seaport MuseumはPeking、Wavertreeが係留されている埠頭から高速道路の高架を挟み内側に入ったFulton Streetに、ひっそりと存在しています。周りはレストラン、商店が軒を連ねており、常に人だかりが出来ていますが、博物館の入り口を入ると別世界のように静かな空間になります。

僕がこの博物館を訪れた時は、見学者はなんと老夫婦と若いカップルの2組、4名だけでした。館員の方が余程多い状況です。お陰でゆっくりと展示物を見学することができましたが、日曜日の昼間この状況ですから、平日はどうなのでしょうか?酷暑ニューヨークで、冷房がキンキンに冷えた博物館の展示室を独り占めする贅沢はなかなかのものですが。

残念乍ら博物館の中は撮影禁止でしたので、記事には掲載できませんが、展示の中心は、アメリカの第32代ルーズベルト大統領(FDR、Franklin Delano Roosevelt)の帆船模型を含むコレクションの一部と、仏Compagnie Générale Transatlantiqueが1932年に建造した超豪華客船ノルマンディ号(SS Normandie)に関するものでした。

ルーズベルト大統領は切手のコレクターでも有名ですが、帆船模型についても200隻程収集していたそうです。その内の一部が博物館に展示してありました。多くのコレクションがルーズベルト大統領に寄贈されたものらしいのですが玉石混合で、スケ-ルモデルとは云い難いものもありましたが、なかなか興味深かったです。

800px-SS-Normandie_side01_NYC.jpg

ノルマンディ号(SS Normandie)について、僕は近代の客船について知識が殆どないのですが、なんと1,000ftを超える全長(313m)、83,000トンで、現代の基準から見ても巨大船です。『浮かぶ宮殿』としての評判ながら、悲劇的な末路(沈没した訳ではありませんが、第二次世界大戦の勃発で短い就役期間中に接収、解体)を辿った船であることが判りました。South Street Seaport Museumでの展示は、再現された船室、サロン、家具、調度品、等々で、今と違い当時優雅に大西洋を渡った様子が彷彿されます。フランスのノルマンディー号は、英国キュナード・ライン(Cunard Line)のクイーン・メリー号(RMS Queen Mary)と競い、ブルーリボン賞を何度も受賞しております。ノルマンディー号は豪華さだけではなく、30ノットを超える快速船であったそうです。東回り(アンブローブ-ビショップ岩礁)で1937年に3日と22時間7分の記録を出しており、19世紀の帆船時代に大西洋横断に要した時間に比べると大変な進化です。クイーン・メリー号は米国西海岸のロングビーチで保存されており以前訪れましたが、とにかく巨大な船でした。クイーン・メリー号も全長が1,000ftを超え、81,000トンとノルマンディ号とほぼ同じサイズです。下の写真は僕が2002年にロングビーチで撮影した写真です。ノルマンディの方がスマートだったそうですが形は似ていますね。汽船は素人なので違いが判らないだけかもしれませんが。

Queen Mary Long Beach 2002

それでは次の記事からは、South Street Seaport Museumが保有する、4本マスト・バーク型帆船Peking、3本マスト・フルリグド・シップ型帆船Wavertree、2本マスト・スクーナーLettie G. Howard、同じくPioneerを個々に見ていこうと思います。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する