ユニコーン(SV Unicorn、1947)

Unocorn 1

僕がハリファックスの帆船パレードを見ていた桟橋の真横に停泊していた鋼鉄製の2本マストのスクーナーです。

ユニコーンが帆船パレードに参加するために桟橋を離れる時、近くに集まっていた人々から特に大きな歓声が上がりました。よく見ると、ユニコーンの乗組員達は全て女性、それもほとんどが高校生くらい女の子でした。とても統率が取れており、リーダーと思われる女の子の大きな掛け声に合わせて、整然と出航していきました。ユニコーンとはこの帆船に相応しい名前ですね。

そしてなんと、近くに集まっていた親御さん達と思われるグループに向けて、ドーンと礼砲が発射されました。小さな大砲を操作していた女の子の姿を見て、30年程前に繰り返し読んでいたアーサー・ランサム・シリーズの主人公達を思い出しました。物語で描写されているころから、ちょっと成長して高校生、大学生になったナンシー、ペギー、スーザン、ティティ達が目の前にいるような錯覚に捉われました。

ユニコーンは、Mrs.Dawn Santamariaという女性を代表とする非営利組織であるSisters Under Sailsが保有し維持している帆船です。全長118ft(36m)、全幅22ft(6.7m)、150トンのトップスル・スクーナーです。

Unocorn 2

この船は、元々1947年に捕獲されたドイツの潜水艦U-Boatの部材をリサイクルし、オランダGousluisのDe Vooruitgangという造船所で漁船として建造されたそうです。建造時の姿は現在の姿と違い、Deo Volenteという名前の無骨な機帆漁船だったそうです。公式WEBから建造時の写真を引用してみます。

Deo Volente I 1947

その後、32年の間に北大西洋の漁場で活動、何人ものオーナーを経て、1999年に現在のアメリカのニュージャージー州のオーナー、Mrs.Dawn and Mr.Jonathan Santamariaに引き取られ現在に至ります。母港はニュー・ジャージー州のクリントン(Clinton)です。上の写真と下の写真を見ると船型は確かに同じですね。船上構造、擬装は全く異なりますが。

Unocorn 3

ユニコーンは2003年にノバスコシアのルーネンバークで改装工事を行ったそうで、特に女性とティーンエージャーの女の子を意識した内装にしたそうです。下の写真は公式WEBからですが、船内も快適そうですね。先に紹介したピクトン・キャッスルにしても、このユニコーンにしても個人が帆船を購入し運営している例であり、北米ではさすがに帆船の伝統が生きていると思いました。

Unicorn Cabin

Unicorn Salon1 Unicorn Galley1

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する