ベル・プールとエトワール(Belle Poule & Etoile、1932)

B.P and E (1)

ベル・プール(Belle Poule)とエトワール(Etoile)はフランス海軍に所属する姉妹船で、全く同じ設計により同じ1932年にノルマンディ地方のFécampで建造されました。19世紀末の北フランスの漁船を模して建造された木造の帆走練習船で、全長は123ft(37.5m)、全幅が24ft(7.2m)、280トンの2本マストのトップルスル・スークナーです。共に母港はブレストです。よく海洋小説に登場する地名ですね。

停泊している姿を見てお分かりの通り、セイルの畳み方も全く同じ状態にしています。なかなか粋な演出です。さて、どちらがBelle PouleでどちらがEtoileでしょうか?

B.P and E (2)

船尾に廻ると船名が確認できるのですが、前から見ると本当に双子のようです。セイルを揚げると、ようやく判別がつきます。TSF31とセイルに描いてあるのは、エトワールです。ベル・プールには後部甲板の手すりにTSF30と掲げてあります。下の写真を見比べてみて下さい。

Etoile TSF31

Belle Poule TSF30

しかし本当にそっくりな姉妹船ですね。ベル・プール、エトワールとも戦前に建造された木造帆船ですが、建造当時から今に至るまでフランス海軍の練習船として活躍しており、幸運な船歴を重ねていると思います。戦前にドイツで建造され歴史に翻弄されてきた帆船達とはちょっと違いますね。ベル・プールもエトワールも大変に良く整備されており、マホガニー製と思われるキャビンも綺麗に磨かれていました。

Belle Poule Cabin

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント

サグレス号日本寄港

ブログを楽しく拝見させていただきました。
2010年のポルトガル海軍練習船の大型帆船「サグレス号」の日本寄港に関する情報をサイトにて紹介しておりますので、ぜひ一度ご訪問ください。

サグレス号日本寄航

サグレス号の情報サイトをご紹介頂きありがとうございました。素晴らしいサイトですね。写真も見事です。サグレス号は、83~84年以来の世界一周航海中なのですね。今、日本に居住していないので、日本でのサグレス号との再会は叶いませんが、又、世界のどこかの寄港地で出会えばと思います。サグレス号の航海の安全と日本寄航の際の葡日友好行事のご成功、それに貴館の益々のご繁栄をお祈り申し上げます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する