Flying Fishについて (その1、Essex)

Flying FishもLa Gloireと同じく、同名の船の方が有名です。インターネットでLa Gloireを検索すると先ず「1859年に仏海軍が建造した初の装甲艦」にヒット。同じく、Flying Fishも先ず「Donald McKayが設計したClipper Shipとして1851年にEast Boston,MAで建造」と出てきます。

Corel社のFlying Fishのキットは、1989年頃に銀座の伊東屋で購入しました。3隻目のキット購入。当時、学生でしたので時間に余裕あり、直ぐに製作に入る積もりでしたが、あれから20年以上も経ってしまいました。長くお蔵入りしていたのですが、La Gloireに続けて、今回の海外駐在中に製作しようと思い、このキットを手元に置いています。

さて、Flying Fishに関してのインターネット情報を見ても、Corelのキットの解説を引用した内容が殆どで、肝心の史実が見当たりません。一部の模型販売のサイト(英文)には、「1860年に建造された高速スクーナーで20年以上マーケットの模範的な存在であった」などとありますが、Flying Fish、1860と入力しても出てくるのは、このCorel社の解説をベースとした説明だけです。

他のKey Wordは、(有名な造船技師である)Jeremiah Burnham,建造地はEssex, Massachusetts程度であり、「有名な造船技師が建造した、当時有名な快速船」の話しは虚像か、とちょっと心配になりました。

Essex(Town of Essex、2008年の人口は3、300人程度)の記録を紐解くと、BurnhamとStoryは、同町に多いFamily Nameであることが判ります。特にBurnhamは1860年のEssexの人口1,701人の内、365人がBurnham姓を名乗っています。Essexの当時の人口の約1割(1860年、168人)が造船業関連に従事している記録もありますので、確かに造船が盛んな町であったことが覗い知れます。

Town of Essexのホームページには、Essex Shipbuilding MuseumのWEBサイトもリンクされており、この街を訪れてみたくなりました。

ESSEX SHIPBUILDING MUSEUM

テーマ : 帆船模型 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する