スピリット・オブ・マサチューセッツとハーベイ・ガマージ(Spirit of Massachusetts 1984 & Harvey Gamage 1973)

H.Gamage and Sagres

Sprit of Masssachusetts、Harvey Gamageの両船ともメイン州Boothbay Harborを拠点とする教育機関、Ocean Classroom Foundation(Ocean Classroom Fondation)が保有する木造の2本マスト・スクーナーです。

表題の写真はSpirit of Massachusetts(後ろの帆船はサグレスⅢ)です。USSコンスティテューションが保存されているボストンCharlestown Navy Yardで1984年に建造されました。全長125ft(38.1m)、全幅24ft(7.3m)、重量90トンの2本マストのスクーナーです。竜骨(キール)はグリーンハート(南米ガイアナが有名な産地ですね、極めて耐久性に優れた木材だそうです)、フレーム、船体はホワイト・オーク、マスト、デッキは北アメリカ産の米松から造られています。

Sprit of M (3)

Spirit of Massachusettsは、今回なぜかフォア、メイン共トップマストを外していたので、帆走している姿はちょっと不恰好ですが、上の写真の通り、綺麗な2本マストのスクーナーです。この船は、1889年に進水しマサチューセッツ州グロスター(Gloucester)を拠点に活躍した快速船FREDONIAをモデルに建造されています。グロスターについては、過去の記事をご参照下さい。フライング・フィッシュについて(その4、Gloucester)

H.Gamage (3)

上の写真のHarvey Gamageは、メイン州のSouth Bristolで1973年に建造されました。こちらは、全長131ft(40m)、全幅24ft(7.3m)、重量95トンと、ほんの少しだけSprit of Massachusettsより長くスマートな船体です。Harvey Gamageのキールはホワイト・オーク、フレーム、船体はホワイト・オーク、マストは米松ですが、デッキはホワイト・パイン張りです。

Harvey Gamageもフォア・トップ・マストを外してありましたが、クリッパー形の船首が綺麗なラインを描いており、こちらの方が僕の好みです。Harvey Gamageとは、2008年の夏にBoothbay Harbor Shipyardで偶然に出会っていますので、ちょうど1年ぶりの再会です。Boothbay Harborメイン州(その2)

Harvey Gamageは、上記したようにメイン州のSouth BristolのGamage Shipyardで建造されました。Gamage Shipyardの歴史は、Albion and Menzies Gamageが1871にSouth Bristolの造船所を買収したときから始まっています(Gamage Shipyard)。下の写真は、ハリファックス港に停泊しているHarvey Gamageを船首と船尾から撮影したものです。

H.Gamage (1)

H.Gamage (Stern)

Tall Ship Nova Scotia 2009に参加したスクーナーは数多く、全てを記事にすることは止めますが、あと4隻ほど別の記事で紹介させていただきたいと思います。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する