FC2ブログ

Menorca 2019 (メノルカ島)Port Mahon(ポート・マオン)前編

Port Mahon Map 1813

この地図は1813年に英国で発行されたもので、Hotel Del Almiranteのロビーに掛かっていたものです。ホテルの位置が、Collingwood Houseとして表示されています。1810年3月7日にポート・マオン沖のHMS Ville de Parisの艦上で息を引き取ったコリングウッド提督が最後に滞在した邸宅として当時から有名だったのかも知れません。

Port Mahon(ポート・マオン)は、奥行きが約5km、もっとも幅が広いところが約900m。湾の入り口が狭く、まさに天然の良港です。

マオン湾クルーズは、Port Mahon Dockyard(ポート・マホン海軍工廠)から始まります。この基地は現在スペイン海軍が管理していますが、1708年に英国海軍地中海艦隊の司令官であったビング提督(後の初代トリントン子爵、海軍元帥)が、海軍工廠の設置を命じたことから歴史が始まります。この写真は、Illa Pinto(変形八角形の人工島)は、複数の軍艦が同時接岸出来るように設計されています。1800年にジャック・オーブリーがHMSソフィーに12ポンド追撃砲を積み込んだ軍需品埠頭も同じ場所でしょうか。

British Base- Port Mahon

この写真は丁度ポートマオン港口を出た位置から撮影したものですが、中央に見えるサン・フェリペ塔と左側のサン・フェリペ要塞の間は地図上で300m程度の距離しかなく、浅瀬もあるので実際の水路は200m以下の幅しかないのではないかと思います。

Port Mahon Enterance

英国はメノルカ島を1802年のアミアンの講和条約でスペインに返還しております。つまりジャック・オーブリーが1805年にマオンで囚われていたマチュリンを助け出すために、フランスから拿捕したガンボートでポート・マオンに乗り入れた時はスペインの統治下でした。同時スペインはフランスと同盟を結んでいましたので、まさに命懸けの遠征でした。もちろん、これは史実ではなくフィクションなのですが、観光船の船上でサン・フェリペ塔の廃墟を眺めた時に想像していたのは、『..そして砲艦は静々と港口を通り抜けた。水際に並ぶ42ポンド砲の筒先へ、堅パンを方れるほどの近間だった..』HMS Surprise(日本語版、早川書房)という場面でした。

Entrance to Port Mahon

確かにこの塔の下の水際に並んだ42ポンド砲の攻撃を受けたらガンボートが吹き飛びそうです。暑い8月の太陽に焼かれながら、観光船のデッキから砲台の残骸を見て背筋がヒンヤリする不思議な経験をしました。

Hospital Island Mahon

在りし日のGeorgetown(現Es Castell )を左手に更に進むと正面に病院島(Illa del Rei)見えてきます。1711年に英国海軍が創設した病院は英国海軍のみならず、その後、スペイン、フランス、アメリカ海軍にも使われたそうです。この島の見学が出来るのは日曜日(5月から10月迄は金曜日も)の限られた時間帯だけですので、今回訪れることは叶いませんでした。

Hotel Del Admilante from the sea

左手の断崖の上にコリングウッド・ハウスが見えてきます。この建物は英国統治下の18世紀中旬に建設されたそうですので、マスター・アンド・コマンダーの小説には登場しませんが、ジャックとステーブンもHMSソフィーの艦上からこの風景を眺めていた筈です。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する