FC2ブログ

STV SEDOV 1921 (バーク型帆走練習船セドフ) その1

Sedov 5 Bow

STV Sedovは、4本マストの現役帆船の中で世界一の大きさを誇っています。2000年に5本マストのフルリグド・シップ型クルーズ帆船のRoyal Clipperが建造されるまでは、約80年間に亘りセドフは世界最大の現役の帆船でした。

ところで世界第2位の4本マストの帆船はKruzenshternですが、セドフのサイズは全長385.6ft(117.5m)、船幅48.1ft(14.7m)、総排水量6,148トンと、クルゼンシュテルン(全長376ft、船幅46ft)より僅かに上回っています。

Sedov 1

この帆船はドイツのブレーメンを本拠とするF.A.Vinnen & CoがキールのFriedrich Krupp Germaniawerft造船所に発注し1921年に竣工しました。当時の船名はMagdalene Vinnen IIでした。当時は内燃機関を持たない純粋な帆船が多い中で、この帆船は建造時からスクリューが装着されていたのが特徴だそうです。

冒頭の写真を拡大すると、従来のムルマンスクの紋章が組み込まれたフィギュアヘッドが取り外されているのが判ります。SEDOVは、2017年5月にムルマンスク国立工科大学(Murmansk State Technical University)からカリーニングラード国立工科大学(Kaliningrad State Technical University)に所属が変更になっていることが理由と思われます。船尾を見るとしっかりロシア語でКалининград(Kaliningrad)と母港が表記されていました。

Sedov 3

僕のSEDOVのイメージは白い船体で、同じくカリーニングラードを拠点とする砲門が描かれた黒色の船体のクルゼンシュテルンと好対照のイメージでしたが、2005年にドイツ映画 "Der Untergang der Pamir"("Lost of Pamir")に出演した際にFlying P-Linersの伝統に従いブラックの船体に塗り替えられたそうです。マストも鮮やかな橙色に塗られています。

Sedov Main Mast

さて次は船上に上がります。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する