FC2ブログ

Christian Radich 1937 (クリスチャン・ラディック 1937) その3

CR from poop deck

クリスチャン・ラディックの後部甲板からの眺めです。チャート・ルーム(Chart Room)の先の船尾は立ち入り禁止でしたのでPoop Deckは見ることが出来ませんでした。但し、この帆船の通常の操舵はチャート・ルームの前のある舵輪を使用しており、船尾の舵輪は緊急操舵用らしいです。

CR Chart Room

これはChart Roomを撮影したものですが、舵輪の直ぐ後ろがミズン・マストです。写真を拡大するとファイフレール(Fife Rail)にビレイピン(Belaying Pin)を介して動索が巻かれています。ビレイピンは真鍮製と木製が混在しておりますが、しっかり整理されています。何となく帆船の船上に上がると動索と支索の状態を無意識にチェックしてしまいます。

CR Tender

次はクラシカルなダビッドに吊られたテンダーです。FRP製かもしれませんが、縁取りと舵は木製です。無論、現代の船載ボートですので動力付きです。船尾には船長専用艇(Captain’s Gig)が吊るされています。こちらはクリンカー張りのボートです。現役の大型帆船で船尾にギグ吊ってある帆船はGeorge Stageが思い浮かびますが、それ以外はあまり例がないかもしれません。

CR Tender at stern

さて、クリスチャン・ラディックのインスタグラムによると、現在オランダのHarlingen(ハルリンゲン)のドライドックで整備に入っているようです。船台に載せられた姿をみると、この帆船の特徴の一つである喫水線以下の青色の塗装がよく分かります。

CR and AH-3

クリスチャン・ラディックは、夏季はTall Ship Race、オスロをベースとしたフィヨルド・ツアーに一般からの参加者を募っていますのでタイミングが合えばこの帆船で航海することが出来ます。次のツアーは今年の12月に計画されているカナリア諸島のクルーズですので、避寒に良いのではと思います。と言っても、単なるクルーズではなくトレイニーとして乗り込む訳ですので、多少の覚悟が必要かもしれません。ハンドブックを見ると、日課と共に動索の詳細の解説迄記載されています。これを1週間のトレーニングで習得するのは難しいでしょうが、経験としては面白そうです。年齢の上限はなく、参加している人の写真を見ると結構シニアな人もいますし。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する