FC2ブログ

Maserati Multi 70

Maserati Multi 70

香港を1月18日に出航したMaserati Multi 70は、現在、アフリカの最南端の希望峰の沖合を帆走中です。上の写真は公式WEBから借用した、Maserati Multi 70の姿です。

以前、Maseratiのレーシングヨットに関するいくつかの記事を書きましたが、ジョバンニ・ソルディーニ(Giovanni Soldini)が率いるチームの乗艇が、モノホール艇のVOR70から、マルチホールのトリマラン艇に変わってから少し興味を失っていました。

Maserati HKG to LDN

ところが、久しぶりのSoldiniのWEBを開いて見ると、なんとMaserati Multi 70がティークリッパーの歴史的なルートの最速記録に挑戦することになっていました。30分毎に更新される帆走記録楽しみにチェックしております。

02022018 Maserati position

香港−ロンドン間の帆走記録は、2008年9月にカタマラン艇のGitana 13が記録した41日21時間26分34秒が最速ですが、今のところMaserati Multi 70はこれを上回るスピードで進んでおり、航路のほぼ半分に当たる希望峰まで15日間で到達してします。下の写真は、2002年1月にCape Pointを訪れた時に撮影した希望峰ですが、そろそろ沖合にMaseratiが見えてくる頃です。

Cape of Good Hope 2002

香港−ロンドン間は、13,000海里の距離ですが、ティー・クリッパーが華やかだった1860年代は、福州−ロンドンの約14,000海里の長丁場のレースでした。1866年のレースでは、ArielとTeapingがほぼ同時にロンドンに到着し、99日の記録を作っています。ところで、有名なカティサークのこのルートの最速記録は、1876年の109日です。

Maserati Multi 70の記録更新を楽しみにしています。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する