TOPCAT K2 (その2)

TOPCAT K2 Sailing (1)

K2は微風快走中。別のリゾート島を目印にして進路を保ち帆走します。
トラビーズ・ハーネスを付けている訳でもないし、子供達もトランポリンに寝転がっているので、全くスピード感はありませんが、それでも海上は気持ちいいです。

カタマランというと、なんとなく片ハルで飛ぶように疾走するイメージがあるかもしれませんが、プレジャー艇としてもとても楽しめます。

あっという間に時間が経ち、リゾートに舳先を向けますが見事な逆風。リゾートの狭い水路をタッキングしながらビーチに向かいますが、水深が浅くなり海の色も変わってきます。

K2 Passing Coral

珊瑚礁の黒い影が近くに見えるとヒヤヒヤします。インストラクターの助けを借りてなんとかビーチに戻りましたが、リゾートの水路を示すブイに内側に入ってからかなりの時間と手間を費やしました。

TOPCAT K2 After sailing

リゾートのスタッフは、セーリングが終わると直ぐハルを海岸に引き上げ真水を掛けて洗っていました。
K2が丁寧に扱われるのを見るとこちらも嬉しくなります。

TOPCAT K2 on the beach

とうことでモルディブの記事はこれで終わりにします。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する