近況

Sails in Gulf

正月以来の更新です。

年明け早々から自宅を離れてホテルを転々としています。本日で既に20泊(!)。昨年を上廻るベースです。
冒頭の写真は本日の午後、ホテルの部屋から撮影した風景です。ベランダに出て風にあたると少し海の匂いがしてきました。海上は気持ちよさそうですね。

Sail in Gulf

カラフルなスピンネーカーが遠くに見えたのでポケットカメラのズームで焦点を合わせると、浅瀬を縫うように帆走するヨットが視界に入りました。微風の中をゆっくり進んでいます。

青い海とセールを見ると少し気分転換ができそうです。ベランダの椅子で気持ちよくまどろんでいると今度は、高いエンジン音が聞こえてきました。

Moterboat in Gulf

多分、小型ヨットの何十倍の価格のモータボートなのでしょうがなんとも興醒めです。乗っている人たちは、疾走する姿とスピードに酔いしれているのでしょうが。

Gulf Sunset

黄金の光が海を照らし出したころ、遠くに見えるマリーナから、ゆっくりと中型のクルーザーが出港してきました。望遠レンズで船尾に焦点を合わせると、Martelloという船名でした。

調べてみたら、2004年にスペイン、アリカンテにあるASTONDOA造船所で建造された、全長93.50ft(28.5m)、全幅20ft(6.1m)、78トンのカスタム・クルーザーでした。キャビンが4つあり、ゲストは8人まで。乗組員4名で、チャーター費用の概算は、1週間で46,000ユーロ程だそうです。現在の為替レートにすると8人で1週間で550万円程度。高いのか安いのかよく分かりません。話は飛びますが、アリカンテ(Alicante )は、僕が初めてスペインに降り立った場所です。ユーロが導入される前の1995年のことでした。フィンランドのヘルシンキからのチャーター便が夏の間アリカンテに飛んでいたのです。

2011年にフロリダを旅したときにフォート・ローダデールで見た130~150ftクラスのクルーザーに比べるとこれでも慎ましいサイズかもしれません。いずれにせよ、エンジン音を響かせて走るモータボートとは異なり優雅な姿でした。

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する