サンフランシスコ海洋博物館(San Francisco Maritime National Historical Park)

SFMM Visitor Center

サンフランシスコ海洋博物館のVisitor Centerは、観光客が行き交うJefferson StとHyde Stが交差する角にあります。中はかなり充実した展示内容です。

SFMM Visitor Center Entrance

サンフランシスコの人口が急激に増えたのは、カリフォルニアがメキシコからアメリカ合衆国に割譲された年と同じ1848年に起こったゴールドラッシュが契機ですが、なんと数千人のサンフランシスコの人口が1850年までに、2万5千人以上に膨れ上がったそうです。

1851年のニューヨークーサンフランシスコの処女航海で、89日と21時間の記録を樹立したフライング・クラウドについて以前少し触れましたが、美しいクリッパーシップは下の写真(1850年か1851年に撮影されたそうです)のような喧噪の中で錨を降ろしたのかもしれません。

SF 1851

さて、VISITORセンターの中には、サンフランシスコの造船業についての展示がありました。パネルを見ると、尤も古い造船所は、1849〜1854年、Domingo Marcucci Yardと記載されています。何となく、アメリカの木造帆船というと、ニューイングランドを思い起こしますが、アメリカ西海岸で作られた帆船についても興味が涌いて来ました。

SFMM Visitor Center 4

下の写真は、1853年に撮影されたそうですが、サンフランシスコに到着した帆船に乗り組んでいた船員が金探しに加わってしまったために打ち捨てられた帆船が多く有ったそうです。信じられない程の帆船の数です。

SF 1853 ships

Gold Miners Goods

VISITORセンターに展示されていた金探し道具の展示を見て、フォーティナイナーズ(49ers)に想いを馳せていると、あっという間に時間が過ぎ、なんと海洋博物館のメイン館に行く時間がなくなってしまいました。カタマラン艇のクルーズを終えた後に、Aquatic Park Bathhouse Building (海洋博物館の正式な名称です)に行ってみましたが、博物館は16:00で閉館していたのでした。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する