Yacht America (ヨット・アメリカ 1851) その9 (航海燈と霧笛)

Amarica Port Light View

フライング・フィッシュの帆船模型の作業は過去1年以上殆ど進んでいませんが、久しぶりに図面とキットのパーツを眺めていて、航海燈の取り付け方が気になりました。CORELのキットでは特に説明もなく、図面を見るとシュラウドに取り付けてあるみたいですが、本物はどうやって固定するのでしょうか。

ヨット・アメリカのレプリカ帆船の写真を整理してみると、やはり無意識に航海燈の写真を撮影していました。冒頭の写真はポート側の航海燈ですので赤色です。表から見るとシュラウドに取り付けられているのわかりますが、取り付け方が判明しません。

Amarica Port light and horn

上の写真は、ポート側の舷燈の裏側から撮影したものです。なるほど、木製の箱がロープでシュラウドに括り付けてありました。これは19世紀の当時と略同じ取り付け方法ではないでしょうか。

Port Light and Ship Horn

左舷の航海燈ケースの下には、3連ホーンが付けられています。勿論これは、コンプレッサーで駆動するエア・ホーンなので現代的な艤装です。下の写真はスターボート側の航海燈で霧笛は付いていません。良く観察すると航海燈のケースが水面に平行になるような取り付け方となっていることが良くわかります。

Sailing America

航海燈のケースも真鍮製で雰囲気があります。但し、ヨット・アメリカが建造された1851年当時にこの船舷の航海燈が付けられていたかは微妙です。

現在では、船のみならず飛行機の世界でも常識となっている、左舷が赤燈、右舷が緑燈の国際規則は、英国で1863年に制定された海上衝突予防規則を基に、1864年に英国、フランス、ドイツ、アメリカ等、約30カ国が批准しています。アメリカでは、1864年9月のニューヨークタイムズの記事の通り、1864年4月29日の当時のリンカーン大統領が同規則に署名し、1864年9月1日から法令として施行されました。

America meets Carifolnian

この法令にでは霧笛の使用についても、霧の中で航海中の帆船は霧笛(停泊中の汽船、帆船は船鐘)を使用することについて規定されています。

上の写真はヨット・アメリカが約4時間の充実した航海を終えてサンディエゴに戻る途中にすれ違った、美しいスクーナー・カリフォルニアンに、ヨット・アメリカが3連ホーンの霧笛を鳴らしている光景です。

America Return to the port

サンディエゴ湾が黄金色に染まるころ、ヨット・アメリカはセイルを畳み帰港しました。

これでヨット・アメリカの連載を終えます。今度機会があったら、このスクーナーが帆走する姿を見たいです。

今年は、Tall Ship Americaの舞台が西海岸なので、美しい帆船達に出会えるチャンスなのですが、残念乍らスケジュールが合わないので、帆船紀行は今年もお預けになりそうです。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する