Yacht America (ヨット・アメリカ 1851) その4

Pelican.jpg

ヨット・アメリカが出航した時は曇り空で、時折雲の切れ間から日が差す天気でした。
大きなペリカンが悠々と海を渡っているのが見えました。

沖合に出ると、ガイドのAlが「メキシコの領海にはいるので携帯電話に気をつけて。データ通信でお金が掛かるよ」と皆に言っていることが聞こえます。

EBBCO Fishing Ship

古風なトロール漁船とすれ違うと、既に21世紀に入って10年以上経っていることを忘れてしまいそうです。カモメ達が船上で休んでいるのもほっとする雰囲気を醸し出しています。この漁船はEveringham Bros.Bait Co所属の196トンの漁船EBBECOですが、なんと建造されたのは1945年の大ベテランです。

Whale Watch

船長の指示でフォアマストにボースンチェアがセットされ、見張り員がどんどん登っていきます。この辺は、近代的なクジラツアー船と異なり良い感じですね。操舵室から無線で僚船と連絡を取り合い、クジラがいるところに急行するホエール・ウォッチングとは全く違う趣旨です。

見張り員の存在を忘れたところ、頭上から「Whale Ahoy」の叫び声が聞こえてきました。

まだ遠方ですが、確かにクジラらしき息継ぎが見えます。

Whale First Sight

帆船ではなく、ホエール・ウォッチングの話になってしまいますが、もう少しクジラの話題を続けます。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する