HMSサプライズ(HMS Surprise,ex-HMS Rose) 1970 その11

HMS Surprise Main Must Fighting Top

HMSサプライズのメインマストのトップ(檣楼)を見上げた写真です。帆船模型にご興味のある方は拡大してじっくりと見てください。この写真は敢えて、3018 x 2253のオリジナルのサイズで掲載しています。クロストゥリー、プラットフォームの構造が良く分かります。

18〜19世紀初頭の本物のHMSサプライズでは、ヤードはマストに金具で固定されておらず、金属チェーンのスリングの代わりにジアー(滑車装置)で吊ってあった筈です。

フトック・シュラウド(シュラウドからトップに張ってあるロープ)、トップと連結するフット・プレートを見ていくと興味が尽きません。

HMS Surprise Fore Mast

上の写真はフォア・マストを撮影したものです。ブレースに取り付けられたFiddle-Block(バイオリン型滑車)に目がいきます。保存帆船と異なり、このレプリカ帆船は帆走できる状態ですので、セイルが装着されていますし、スタンディング・リギングだけではなく、ランニング・リギング(動索)も張ってありますので、本当に見所が多い帆船です。

HMS Surprise Mizen Must

次はミズンマストのガフの取り付け部分を見てみます。マストとガフの接続部のジョー(Jaws)とパレル(parrels、紐で繋がっている木製のボール)も判ります。よく見るとこの復元帆船のマストは鋼鉄製ですね。ヤード、ガフ、ブームは木製ですが。

HMSサプライズ連載の最後は次の写真にします。

フォアマストをどんどん登っていき、トップを超えてトップマストのクロストゥリー(檣頭横材)に腰掛けて少し休んだ後に立ち上がると、トップマストのキャップ(檣頭)に刻まれたジャック・オーブリーの青春の形見が目に入る筈です。

HMS Surprise Fore Top Mast

スパニッシュ・メインの入り江で切り出した堅固なグリーンハート(Greed Heart、クスノキ科の中南米原産の木材)に彫刻されたマーメイドとJAの文字を見るには、勇気を出して聳えるフォア・トップマストまで登らなければなりません。

これで、HMS Surpriseの連載を終わりにします。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する