音楽とオーディオについて (その3)

Fregate Turtle

Pat Metheny Radio(PM Radio)は、休日の昼下がりのBGMにちょうど良い感じです。

リラックスして音楽を聞いていると、色々な情景が目に浮かびます。最初にその曲を聞いた時の風景を鮮明に思い出すときもあれば、支離滅裂なイメージが思い浮かぶときもあります。PMラジオでJamesが流れきたときに、思い浮かべたのは冒頭の海ガメのイメージでした。フリゲート島のカメのジェームズは、ウミガメではなく、リクガメですが、優しいPMのJamesの旋律に透明な海を悠々と泳ぐカメは似つかわしいかもしれません。言うまでもなく、PMのJamesは、James Taylorの意味ですので全く関係がないのですが、インド洋の孤島に住むアルダブラゾウガメのジェームズ(James)を連想したのです。

Fregate Island Villa Pool

さて、PMのJamesが入っているアルバムは、1982年に発売された
Offrampですが、このLP(懐かしい響きです)を最初に聞いたの場所は貸レコード屋でした。誰からリクエストしたレコードに「ボッ」と針が置かれ、少し間を置いて流れてきたのは、(当時高校生の)耳に心地よいリズムとメロディーでした。「現在演奏中」のラックに掛けられた、LPのジャケットもとてもかっこ良く、迷わずレンタルしたのでした。

ところが、家に帰りLPのA面に針を降ろして聞こえてきたのは、貸レコード屋で聞いたのとは全く違う不思議な曲でした。心臓の動悸のような音にパーカッションの音が重なり、そしてシンセギターが聞こえてくるのですが、とにかく理解に苦しむ音楽です。じっとオーディオセットの前に座り聞いていたのですが、3曲目の不気味な旋律に風の音、そして呪文のような唸り声が聞こえてきたときにとうとう耐えられなくなり針を上げたことを思い出します。気を取り直してレコードをひっくり返し、B面に針を降ろて聞こえてきた耳慣れた曲(Eighteen)にホッとしたのでした。

記事が帆船の話題から離れていってしまっていますが、最近は移動中に欠かさずに音楽を聞いており、家のオーディオシステムも久しぶりに更新中ですので、ちょっと関心がこちらの方に移っています。

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する