HMSサプライズ(HMS Surprise,ex-HMS Rose) 1970 その6

HMS Surprise Qter to port view

艦尾から艦舷に掛けての構図は特に好きなのですが、ポート(左舷)側のガンポートが全て開いていないので、すこし冗長な感じの写真になってしまいました。写真をクリックして拡大すると、木造フリゲート艦の外板張りの雰囲気が伝わると思います。

このHMSサプライズの復元船が建造されたのは1970年ですので、既に船歴43年の老朽船です。同じ造船所で1963年に建造されたブルーノーズⅡは、2010年から2012年に掛けて全ての外板を張り替える 大掛かりな補修をしていますが、HMSサプライズはどうなのでしょうか。木造帆船を維持・管理するのは大変ですね。

HMS SUrprise Qtr Deck

艦上を見ると、クオーターデッキに鎮座している筈の32ポンドのカロネード砲も取り外してありますし、ラット(舵輪)にはラットロープも巻かれていません。セイルは取り付けられていますが、出航できる状態ではありませんね。帆船に出会った時の感激が少し落ち着くと細部が気になりだしてしまうのですが、それでもこのHMSサプライズは見所が沢山あります。

HMS Surprise Gun Port

上の写真は艦尾に尤も近い13番目のガンポートです。ガンポート・リッドをよく見ると、船体の形状に合わせてリッドの厚みが均一でないことに気が付きます。

HMS Surprise Port to Qtr

左舷に設けられた艦上に上がる階段からチャンネルを斜め上から見たのは上の写真です。チャンネル・サポートの位置がよく判ります。ついでに、チャンネルの細部の写真も貼付けてみます。

HMS Surprise Channel Details

帆船模型を作る前から、実船を細かく観察をすると、中々模型作製の手が動かせなくなります。下の写真は長く作製が止まっているフランスの34門フリゲート艦La Gloireの模型ですが、実は次のステップはチャンネルの取り付けと艦上構造物の製作なのです。

La Gloire Sep 2013

次は漸くHMSサプライズの艦上に上がります。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する