HMSサプライズ(HMS Surprise,ex-HMS Rose) 1970 その5

Stern View (2)

HMSサプライズのスターンです。僕が知りうる現存する帆船の中で一番美しい船尾です。
下の写真はクォーター・ギャラリーですが、こちらも均整の取れた見事な造形です。

HMS Surprise Stern Qtr(1)

帆船模型のキットでは、スターンとスターン・クォ—ターは金属の整形部品で再現されることが多いと思いますが、ここはスクラッチで作製したいところです。2011年1月から作製が止まっている1778 年に建造されたフランスの34門艦フリゲートLa Gloireの船尾は略同じ時代のフランス艦であることからも、HMSサプライズとスターンのデザインが極似しています。1/90の模型で、このスターンをスクラッチで再現できるか試してみたいと思いますが、窓枠の格子の造作を考ええただけでクラクラしてきます。下の写真はLa Gloireのキットの金属部品ですが、12mm x 5mmの窓枠に、4本の格子を入れ、窓を9分割にする作業は多分、、、出来ません。

La Gloireキット金属製スターン

さて気を取り直して、もっと詳しくスターンを見ていきます。次の写真は、スターンの彫刻です。モチーフになっているのは、トライデント(三又の銛)を持った海の神ネプチューンと、怪物になる前には美少女だったと伝えられるメデューサかもしれません。

HMS Surprise Stern Caving

下の写真は、ラダー(舵)の取り付け部の拡大写真です。ラダー・チェーンの取り回しが模型作りの参考になります。

HMS Surprise Rudder

次の記事では、艦舷を見学しつつ乗艦します。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する