近況報告(2013年7月)

Costa Deliziosa passing Bosporus 1

ブログの更新が滞ってしまっています。

ここ何週間ほど週末が無いことが理由なのですが、最近の10日間を振り返ると、なんと7回も飛行機に乗っていました。空港に移動して、チェックインして、飛行機に乗り、出入国審査で並ぶことの繰り返しでうんざりしています。

さて、冒頭の写真は、ほんの数日前にイスタンブールで撮影したものですが、ボスポラス海峡を10万トン級のクルーズ船が通過する場面です。地中海から黒海に向かうところですね。

Cのマークは、コスタ・クルーズ社(Costa Crociere S.p.A)のフリートですね。コスタ・クルーズはジェノバが本拠で1854年設立のイタリアの名門ですが、昨年2月のコスタ・コンコルディア (Costa Concordia)の痛ましい座礁事故ですっかり名声が地に落ちてしまっていると思います。

写真のクルーズ船はCosta Deliziosaで、2009年3月にヴェネツィアのマルゲーラ造船所で進水しました。全長965ft(294m)、全幅106ft(32.3m)、92,700トンの大きさで、乗客定員は2,800人です。

Costa Deliziosa 2

2011年の夏に、フォート・ローダデールで出会った、225,282トンのAllure of the Seasとは比較になりませんが、狭いところで対岸まで800mほどのボスポラス海峡を航行する姿は大変な迫力です。

因みにこの写真は、ヨーロッパの終わりの地からアジアの始まりの地を見た風景です。

ブログ記事の更新が正常化(?)するのは、8月の後半になりそうです。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する