Star of India (ex-Euterpe) 1863 その6

Star of India ASA Flag

エウテルペは1899年にPacific Colonial Ship Companyに売却され、活躍の場所をアメリカ西海岸に移します。この時点で船歴36年を超え、時代遅れの帆走貨物船になっていた筈です。そして、20世紀に入り、今度はAlaska Packers'Association(ASA)に売却され、艤装がフルリグド・シップ型の美しいクリッパー帆船から、より実用的なバーク型帆船に改造されました。冒頭の写真は、スター・オブ・インディアの船倉を改造した博物館に展示されてあったASAの社旗です。

そして、誕生から43年後に、詩的な響きのエウテルペ(Euterpe)から、ASAの他のフリートと同じく、Starで始まる船名、Star of Indiaに改名されました。まあ、ここで船首像がインドで建造された英国のフリゲート艦HMS TRICOMALEEのようにターバンを巻いたインド人の彫像に変わっていたらなんとも興ざめでしょうが、現在に至るまでフィギュアヘッドは、ギリシャ神話の女神のままです。

Star of India ハッチ

中央甲板に大きく開いたハッチがこの帆船の性質を物語っています。Star of Indiaの現役最後の20年間は、サンフランシスコから缶詰工場で働く労働者を乗せてアラスカに航海し、サーモンの缶詰を満載してサンフランシスコに戻る航海を繰り返していました。

1918年にこの老朽帆船は、17日間も流氷に閉じ込められてしまいます。同じ時期にこの海域を航海していた木造帆船は、氷の重圧に押しつぶされ、少なくとも2隻が破壊・沈没してしまったそうですが、Star of Inideは運良く、駆けつけた蒸気船NUSHAGAKに救助され無事でした。ここでも鍛鉄(wrought iron)製の頑丈な船体に助けられています。

1918年の流氷の海を切り開くSS NUSHAGAKの船上から撮影した写真が残っています。白黒で見ると流氷は岩のようです。撮影日は1918年の5月です。Star of Inidaがサンフランシスコを出航したのは1918年4月10日と記録されておりますので、正にこの写真はStar of Indiaを海難から救っている場面かもしれませんね。

SS Nushagak 1918

この1918年の航海に乗り合わせた船員Stanley Olsonの息子が、当時を回想する文書がサンディエゴ海洋博物館の機関誌MAINS'L HAULの2003 年夏秋号(No.39)に載っています。Olson氏が、苦難の航海からサンフランシスコに戻り、自宅に入ろうとしたところ、髯を剃り、風呂に入り身を綺麗にするまで、Olson夫人に家にいれてもらえなかった話とか、Olson氏が来ていた服を夫人が燃やして捨てたとか、なかなかリアルで面白い話です。

STAR_OF_INDIA_Alaska.jpg

上は、ベーリング海のNushagak付近で撮影された晩年のStar of Indiaの姿です。
Star of Indiaは、合計22回に及ぶベーリング海への航海の後に、1923年に現役から引退します。というと既に余生を90年も送っていることになりますね。

これでStar of Indiaの記事は終わりにします。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する