ニューポート・ビーチ(Newport Beach) 街の風景(その2)     CRAB COOKER 2012年8月

The Crab Cooker 2

ニューポート・ビーチの名物店Crab Cookerです。このレストランは友人に紹介してもらい、2007年に来たことがあるのですが、その時は、なんとパーキング・メータのある駐車場に止めていたレンタカーが、僅か5分の超過で駐車違反の切符を切られてしまったのでした。

Crab Cooker Door

今回よく見ると、入り口のドアにこんな注意書きがされているのに気が付きました。笑ってしまうノリです。当時、車のフロントガラスに置いてあった違反切符を持って、翌日ニューポートビーチの市役所に反則金を納めに来たことを思い出しました。

Crab Cookerは、この雰囲気通りとてもカジュアルなレストランで、名前の通りバターソースで食べるKING CRAB CLAWS(タラバガニの爪)はとても美味です。クラムチャウダーは「WORLD'S BEST」の名前に釣られて、ついつい頼んでしまいますが、マンハッタン・スタイルのトマトベースで、セロリの香りが少しキツい感じがしました。確か、6年前も同じように名前に釣られて注文して同じような印象を受けたことを思い出しました。学習していませんね。因みにクラムチャウダーは、各地で食していますが、僕のBESTは、モントレー(Monterey)の丸いパンに入ったニューイングランド・スタイルのチャウダーです。濃い霧が立ちこめる太平洋を眺めていたことを思い起こします。

Crab Cooker Inside

このレストランは上の写真の通り、魚の剥製はともかく、意味も無く(?)タイタニックの写真とか、PARISの切り抜き文字とかが飾ってあり内装もメチャメチャですが、外はもっと激しく意味不明です。屋根の上にある看板には、「DON'T LOOK UP HERE(ここを見上げるな)」と書いてあります。まあ、フルリグド・シップ型か、4本マストのバーク型か判明しませんが、ちゃんと帆船のモチーフも外装に掲げていますので良しとしましょう。

THe Crab Cooker 1

Crab Cooker Clipper

さて、最後にこれも難解な格言を。Crab Cookerの建物に掲げてあるのは、「The Main Thing is to keep The Main Thing The Main Thing」。訳すると「肝心なのは、肝心なことを守ること、これが肝心」という感じでしょうか 。

Crab Cooker The Main Thing

ということで、今回はしっかりとパーキングメーターを気にして食事をしたので、駐車違反を取られることもなく、Crab Cookerを後にしたのでした。

テーマ : アメリカ - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する