Explore Ocean(Newport Beachの海洋博物館)その6      ソブリン・オブ・ザ・シーズ(Sovereign of the Seas) 1852

Sovereign of the Seas 2

ソブリン・オブ・ザ・シーズ(Sovereign of the Seas)の名前は、帆船模型の世界では、1637年にチャールズ1世の命により建造された同名の3層艦の方が有名でしょうが、この美しいクリッパー型全装帆船は、ドナルド・マッケィ(Donald McKay)のEast Bostonの造船所で1852年に建造されました。

ドナルド・マッケィは1810年にノバスコシアで生まれています。無論、当時はノバスコシアは重要な北米軍事拠点のハリファックスを有する英国領ですね。

Sovereign of the Seas 4

マッケィは1826年に移民としてニューヨークに移り、その後ニューベリーポートを経て、1845年にボストンで造船所を開設しました。そして、1850年に進水したStag Houndを皮切りに1869年まで、数々の素晴らしい木造クリッパー帆船を建造していきます。特に1850年〜1855年に掛けて建造されたエクストリーム・クリッパー(Extreme Clipper)と呼ばれる帆走スピードを最優先した構造の美しい船は、帆船の頂点を極めたと云っても過言ではないでしょう。

さて、ソブリン・オブ・ザ・シーズは、海の帝王の名に恥じぬ大変な快速帆船でした。この船は、以前の記事で触れたように、22ノットというクリッパーシップ最速の記録を現在に至るまで保持しています。唯一現存する1869年の建造されたクリッパー帆船カティ・サーク(Cutty Sark)の最速帆走記録が17.5ノットですので、その凄さを改めて感じます。

Sovreign of the Seas 3

因みのドナルド・マッケィが建造したクリッパーシップで、素晴らしい記録をつくった特に有名な帆船は次の3艘です。

(1)フライング・クラウド(1851年建造):ニューヨーク・サンフランシスコ間の89日の帆走記録。この記録は、1989年に破られるまで、なんと135年間も保持されたのでした。無論、記録を破ったのはレーシングヨットですので、3本マストの全装帆船としての記録は永遠に残ると思います。

(2)ソブリン・オブ・ザ・シーズ(1852年建造):上記したように全装帆船として22ノットの最速帆走記録。

(3)チャンピオン・オブ・ザ・シーズ(1854年建造):24時間の帆走距離 。この記録も1984年まで、130年間も破られなかったのでした。

Sovereign of the Seas photo

現存しているソブリン・オブ・ザ・シーズの写真は上の通りですが、天に向かって聳えるムーンスル(Moon Sail)ヤードを備えたマストがただならぬ雰囲気を醸し出しています。

Sovereign of the Seas 1

クリッパー帆船というと、一般的にロンドンに一番茶を運んだティー・クリッパーが思い当たると思いますが、ティー・クリッパー・レースが尤も盛り上がった1860年代は、アメリカは南北戦争に突入しており、米国でのクリッパー帆船の全盛期は終焉を迎えていたのでした。カティ・サークが建造されたのは1869年ですので、俗にヤンキー・クリッパーとして呼ばれるアメリカ産のクリッパー・シップとは活躍した時代が異なります。因みに木鉄混合帆船であるカティサークは963トン、全長280ft (約85.4m)、船体幅36 ft(約11m)です。ソブリン・オブ・ザ・シーズは木造なので2,421トン、全長265 ft (約80.8m)で、船体幅45.6 ft (約13.9m)です。

Cutty Sark 1992

上の写真は、1992年にロンドン郊外のグリニッジを訪れた時に撮影した、カティ・サーク(Cutty Sark)の船尾を撮影したものです(因みに当時の主機ニコンF3、20mmの単焦点レンズで撮影したネガをスキャンしてみました)。学生時代に何度もカティ・サークと王立海洋博物館を見学し心の糧にしていたのですが、最近20年ほど遠ざかっていますので機会があれば復活したカティ・サークを再訪したいと思います。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する