Maserati VOR70 (マゼラーティのレーシング・ヨット) その5

Soldini Maserati golden gate

Maserati VOR70による、ニューヨーク−サンフランシスコ間の単艘艇による世界最速帆走記録の樹立おめでとうございます。

47日42分29秒の記録は、Yves Parlierの Aquitaine Innovationsによるモノホール(単艘艇)の57日3時間を10日も短縮する素晴らしい成果です。丁度、Soldini Maseratiの公式WEBを見ていたところ、略リアルタイムで歴史的な瞬間を共有することが出来ました。サンフランシスコのPIER 39には、WEBカメラが設置されていて、丁度画面が切り替わったところで、ゴールデンゲート・ブリッジを通り抜けた直後のMaseratiを映し出しているのを見ることも出来ました。後で知ったのですが、このWEBカメラには、スナップショットの機能もあり、PCからの操作で撮影も出来るのです。残念ながらMaseratiを撮影することは出来ませんでしたが、下の写真のような感じで写せます。凄い世の中になっていることを実感しました。

SF PIER 39

ご参考まで、ゴールデン・ルートと呼ばれるこの航路の最速帆走記録は、フランスのカタマラン艇Gitana 13が保持しています。Lionel Lemonchoisの率いるチームが2006年2月に達成した、43日3時間の記録です。但し、これは下記の写真の通り、デザイナーGilles Ollierが設計して2000年に進水したマルチホール(多艘艇)によるものです。単艘艇にも関わらず、Gitana 13に肉薄する素晴らしい記録を樹立したMaseratiは凄いですね。

Gitana 13

ちなみにGitana 13は、全長110ft(約33.5m)、全幅57ft(約17.5m)、マストの高さが128ft(約39m)の姿であり、Flying Cloudが活躍した1850年代には想像も出来ないような形状をしています。

最高のクリッパー帆船との誉れの高いフライング・クラウドについてもっと知りたいと思い
Flying Cloud: The True Story of America's Most Famous Clipper Ship and the Woman Who Guided Herのキンダル版を購入して早速(Kindleは持っていないので、iPadの)ページを捲りはじめました。余談ですが、電子書籍は便利ですね。帆船関係の図書は殆ど電子化されていないので、初めてKindleで買いましたが、直ぐに読み始められる便利さは堪りません。無論、本を手に取る感激はありませんが、今回の引っ越しで帆船関係の図書だけで、大きな段ボール箱を3つ一杯にしたので(これでも全部ではありませんが)、Kindleの素晴らしさが身に染みました。

さて、本の題名には、'the woman who guided her'という副題が添えられています。

’As a sailor myself, I admired Eleanor Creesy for her skill in navigating Flying Cloud on her record-breaking voyages from New York to San Francisco' (帆船乗りとして、フライング・クラウドによるニューヨーク−サンフランシスコ間の記録的な航海をナビゲートしたエレノア・クリーシーの技量を賞賛する)という素敵な始まりです。

本を読み進めながら、Ellenの愛称で呼ばれた1814年生まれの(なんと英米戦争中です)この女性について少し調べてみたいと思います。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する