Boothbay Harborメイン州(その1、クジラ・ウォッチング)

Boothbay Harbor Shipyard 2

2008年夏のアメリカ東海岸旅行の後半は、ボストンから北上し、ニュー・ハンプシャー州を通り抜け、メイン州で過ごしました。子供達に約束していたクジラ・ウォッチングは、マサチューセッツ州のCape Codとか、Cape Annからも船が出ておりますが、今回はメイン州のBoothbay Harborからの見学船を予約しました。

Boothbay Harborは、メイン州のFreeportから40マイル(約64km)の距離ですが、複雑な入り江を縫うように走るので車で1時間強ほど掛かります。Boothbay Harborは想像に違わず、とても雰囲気の良い港町でした。さすがにメイン州迄来ると、真夏ですが海風が涼しい程です。Boothbay Harborからのクジラ・ウォッチングのシーズンは毎年5月末から10月初旬で、その期間だけ見学船が運航しています。

今回乗船したクジラ・ウォッチングの船はThe Harbor Princess(Boothbay Whale Watch)。全長100ft(約30m)の小型船です。以前、アメリカ西海岸のロングビーチから乗った、クジラ・ウォッチング用に設計されたという大型の高速双艇船に比較すると、とてもローカルな雰囲気です。マイクを握り、解説してくれるスタッフも高校の生物学の先生(夏休みのバイト?WEBで紹介されているNaturalistとは別人)。のんびりと4時間のツアーを楽しむことが出来ました。

生物学の先生は、進行方向を基準に時計の位置でクジラが見える場所を教えてくれます。例えば、左舷前方であれば、「10時の位置にいるぞ」とか。先生は後ろ向きに立ち乗客に対面していますので前は見えません。どうやってクジラを見つけているというと、耳にイヤーホンが入っており、操舵室からの連絡で判る仕組みです。その操舵室からの連絡が(イヤーホンを通じて良く聞こえるので面白いです)。但し、操舵室からの連絡は、ポートxxx、スターボートxxxと船舶用語なので、先生は都度それを時計の針に置き換えて説明しているのでした。その内、大型の双眼鏡を持った乗客達がクジラを発見して報告するようになり、それがクジラではなくて、アザラシとかだったりすると皆爆笑しアットホームな雰囲気でした。

クジラ(North Atlantic Minke Whale)は沢山見ることができましたが、ミンククジラは小さいのでイルカと間違えそうです。The Harbor Princessは果敢にクジラ近くに寄りエンジンを止めて漂流。潮吹きの音が良く聞こえました。

Boothbay Harbor Whale Watching

さて、これからが本題です。

The Harbor Princessの船上からBoothbay港を眺めていたら、陸揚げされている2隻のスクーナーのマストが見えました。どうやらBoothbay Harborにも現役の造船所がありそうです。クジラ・ウォッチングから戻り、昼食を取った後に造船所の近くに行ってみることにしました。

Boothbay W W

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する