久しぶりの帆船模型(2012年6月)

F.Fish as of June 2012 (1)

1ヶ月以上も更新を怠ってしまいました。

ダウ船についての連載をしようと思ったのですが、なかなか筆が進みません。ということで、ダウ船の連載は不定期ベースにして、元来の(?)の趣味の対象を中心とした記事を続けていきたいと思います。

さて、冒頭の写真は一年以上も掛けて外板張りの作業をしてきたフライング・フィッシュ(Flying Fish)の船体の一部です。6月にようやく外板張りが完了しました。研磨も塗装もしていないので、クローズアップの写真は荒い船肌ですが。

以前の記事で説明した通り、フライング・フィッシュの実船の図面では、中部甲板の排水孔(Scupper)は、ブルワーク(bulwark)の支柱(stanchion)の間隔と同じ幅になっています。

ところで、外板はフライング・フィッシュのキットに入っていたアメリカン・ウォールナット(鬼胡桃)で張りましたが、甲板材としてキットに入っている素材(アガチス)が気に入りません。

Deck Planking Sandal Wood

甲板材は、導管が目立たない白系の木材にしたいと思っていました。1850年代のエセックス産の木造スクーナーの甲板材は、ハードメープル、ホワイトオーク等だったそうですが、模型工作には適しません。試行錯誤(?)の末に行き着いたのは、なんと白檀(サンダル・ウッド)を甲板材に使うアイデアでした。

手元にあった白檀の端材は、オーストリア産ですので、白檀の香りの素であるサンタロール(Santalol)の含有量が少ないのですが、それでも小型電動丸鋸で0.5mm程の厚さに挽いていくとき立ち上る芳しい香りはなんともいえません。上の写真は、白檀の端材を幅2.0mm、厚さ0.5mmに挽く過程を撮影したものです(下手な写真ですが、実物はもっと白色です)。

帆船模型の制作はなかなか進みませんが、製材はなかなか面白い作業です。下の写真は、最近フライング・フィッシュの船体艤装に使用する素材を手持ちの端材から製材した姿です。

F.Fish 製材 June 2012

左端からみて、支柱(stanchion)の造作につかう予定の、南米産のカステロ、薄い黄色の木材は、御蔵島産の黄楊、各サイズのカステロに混じっている、薄いオレンジ色の木材は、スイス産のペアーウッド(梨の木)、右端は御蔵島産の黄楊の端材です。

カステロは、俗にシャム黄楊と呼ばれるタイ産の本黄楊の代用品と同じくアカネ科の木材で、癖がない白系の色で見事に目が詰まっていて導管が目立たず、手に入りやすいので帆船模型に使用するのは適当な素材だと思います。

ところで、ペアーウッドも、導管が目立たず、とても素直な素材で加工が容易なので帆船模型作りに最適ですね。欧米の博物館に展示されている、歴史的な帆船模型の素材が、ペアーウッドとか黄楊なのが良く理解できます。

実物と同じ素材と思って、オーク材とかチーク材とかも仕入れてみたのですが、オーク材は木肌が荒く、薄板は割けやすくまったく駄目でした。チークは少しだけ船体艤装の味付けに使ってみたいと思いますが、「チークの甲板」は、色が濃すぎて駄目ですね。自宅の庭で使っているチークのテーブル、椅子とビーチベットは耐久性があり、とても気に入っているのですが。

帆船模型というか、木材の話題になってしまいました。

テーマ : 帆船模型 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する