海賊の島(Frégate Island 2011、その10 、島の歴史と私設博物館   【前編】)

Plantation House (1)

記録に残るFrégate Islandの歴史は非常にシンプルです。

フランスの探検家Lazare Picault(ラザーレ・ピコ)が1744年にこの島に上陸。その際に、Frigate Bird(グンカンドリ)が数多く島に生息していたことから、Île de Frégateと名付けたそうです。ラザーレ・ピコによるセイシャル諸島の探検は、Ile de France(フランス島、現在のモーリシャス島)の当時の総督Bertrand-François Mahé de La Bourdonnaisの指示によるものでした。

冒頭の写真はFrégate Islandの小さな私設博物館で、プランテーションの管理人の家だった建物でプランテーション・ハウスと呼ばれています。Frégate Island滞在の最後の夜は、この歴史的なプランテーション・ハウスでクレオール料理を頂きました。写真はストロボの光で明るく写っていますが、漆喰のような真っ暗な小道の両脇に燈された蝋燭の灯に導かれて歩いてこの魅力的な建物に到着します。完全なプライベート・ディナーで、19世紀の家に招かれたような雰囲気でした。

Seychells Map by Lazare 1744

ところで、ラザーレ・ピコは、1742年の探検の際に、L’Île d’Abondance (訳すると「豊穣の島」という感じでしょうか)と命名した島を、2年後の1744年の第2次探検の際に、フランス島の総督の名前からMahéと改名したのでした。因みに同じタイミングでラザーレ・ピコは今のセイシェル諸島をやはり同総督の名前からIles de la Bourdonnaisと命名しています。上の写真は、プランテーション・ハウスの中に掛かっていた1744年当時のラザーレ・ピコによる地図です。

さてFrégate Islandの話題に戻ります。

ラザーレ・ピコの探検の後も、Frégate Islandには定住者はおらず、記録がある最初の定住者は、1800年12月24日のボナパルト第一統領の暗殺未遂事件への関与を疑われれセイシェル諸島に追放されたジャコパン党員(!)のLouis Francois Serpholetとお付の3人の奴隷だったそうです。後日、王党派の暗殺計画であることが判明するのですが、当時はジャコパン派が疑われていたのでした。但し、このジャコバン党員一行は数ヶ月Frégate Islandに滞在した後にIle de France(モーリシャス島)に移送されています。

この後、1813年に、セイシェルの最初の入植者の直系のサヴィ家(Savy Family)がFrégate Islandの所有者となりました。これ以降、現在に至るまでFrégate Islandはどの時代も常にプライベート・アイランドでした。

1850年代の島民は60名程で、主にサトウキビが栽培されるプランテーションでした。この時代には島にラム酒の蒸留所もあり、牛も飼われて、米、マンゴ、バナナも栽培されていたそうです。1880年代の後半にはココナッツの栽培が始まり、同時にバニラ、シトラス、シナモンも植えられ、バニラは主要な輸出産品でした。第二次大戦直後の1947年の島民数は合計118名で殆どがプランテーションで働く労働者でした。そして1950年代にはこの島のプランテーション型農業は放棄されます。

1970年代にドイツ人の実業家、Dr.Otto Happel(フォーブス誌の大富豪リストの常連)がこの島を購入。1990年代の中ごろからリゾート施設の建設が開始され、1998年にFrégate Island Privateとして一般の人も訪れることが出来るようになったのでした(宿泊客だけですが)。

Museum (1)

冒頭のプランテーション・ハウスの中は上のような感じです。入り口から向って正面の壁に掛かっているおもちゃみたいな帆船の船首像みたいな彫刻が少し頂けませんが、それ以外の展示物は中々興味を惹かれます。玉石混合という感じでしょうか。

特に見ごたえがあるのは、この島で見つかった海賊達の遺物です。下の写真はAnse Parcとかで発掘された品々だそうです。十字架、鋏、装飾品とか雑多な品々ですが、18世紀の海賊達の生活を彷彿させます。

Pirate Goods

続けて、この時代に持ち込まれたと思われる、陶磁器の破片も見つかっています。海賊達が各国の東インド会社を襲ったときに奪った陶磁器の名残でしょうか。

Museum (発掘された陶磁器)

Frégate Island に関する記事はこれで最後にしようと思っていましたが、未だ書き足りないところがありますので、次の後編に繋げます。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する