海賊の島(Frégate Island 2011、その6、ANSE BAMBOUS、ANSE MACQUEREAUとGRAND ANSE)

Ance Bambous

Frégate Houseは、メイン・レストラン、小さなブティック、それに図書館がある建物で、急勾配の階段を下りていくと、途中に2つのプールがあり、更に下りるとANSE BAMBOUSのビーチがあります。冒頭の写真のANSE BAMBOUSには、ビーチにバー・カウンターがありビーチ・ベットが並んでおり、普通のリゾート的な趣です。子供達は早速、ブギーボードを借りて波乗りを始めました。のどが渇くとこの島で取れた新鮮なフルーツを絞ったジュースが飲めます。勿論、このビーチも貸切状態でした。

ところで、Frégate Islandには、貸切「状態」ではなく、完全なプライベートを保てるビーチもあります。下の写真は、ANSE MACQUEREAUで、ビーチに通じる入り口にあるボードを裏返しにして「Do Not Disturb」のサインを掲げて置くことが出来ます。ただし、このビーチに通じる小道は大変な急勾配で、降りるのはいいのですが、戻るのが大変そうなので今回は訪れませんでした。写真はチャーター・ボートからの眺めです。断崖の上に点在するのが客室Villaです。Villaは後で詳しく紹介しますが、ベットルーム、リビングルーム、ダイニングルーム、そして、各Villaのプールの横にある(本を読むのに最適な)東屋、更に、海を眺めながらお茶を飲むのに最適な、眺めの良い別の東屋から構成されますので、一つのVillaは4つほどの藁葺きの屋根から構成されます。

Anse Macquereau

さて、次のビーチはGRAND ANSEです。GRAND ANSEは、美しい夕陽で有名なそうですので、バトラーにビーチ・ディナーをお願いして、セイシェルの夕陽を眺めた後に、GRAND ANSEのビーチで夕食を戴きました。

Grand Anse Sunset

セイシェルの夕陽というと、松本隆さんが作詞をされ、1983年頃にヒット(?)した曲を思い出しますが、松本さんはセイシェルを訪れたことがあるのでしょうか?見事な臨場感のある歌詞に今更ながら脱帽してしまいます。学生時代にこの曲が入ったレコード(レコードからCDに移る過渡期でしたね)を買った記憶があります。

Grand Anse Beach Dinner

因みにGRAND ANSEは、海ガメの産卵地でもあり、更に海賊時代の遺跡もあるそうです。18世紀頃の幅広ナイフとか、キャノン砲の弾丸とかが発見されているそうですので、次回はじっくりと探求したいと思います。

ごく普通の観光旅行記になりつつありますが、更にこの島の記事を続けます。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する