ディスカバリーⅣ(Discovery 2007, バージニア州 ジェームズタウン、  その8) 

Discovery (1)全景後部

ディスカバリー(Discovery)の名前は、多くの帆船に命名されていますが、この帆船はその中でも尤も小型の船ではないでしょうか。英国東インド会社に所属する1602年以前に建造された20トン程のFlyboatとの記録が残っています。ジェームズタウンに停泊している復元船は、帆船というより帆走ボートといった感じです。

Discovery (2)前部

ディスカバリーは、スーザン・コンスタント、ゴッドスピードと共に1607年にジェームズタウンに到達した後、入植地に唯一残された船です。その後、この小さな帆船は、ヘンリー・ハドソン(Henry Hudson)の1610~11年の北西航路探検に使われたとされています。帆船模型の世界では、ヘンリー・ハドソンの乗艦してHalf Moonが有名ですが、この船の本来の名前はHalve Maenであり、オランダ東インド会社に所属する帆船でした。ハーフムーンの復元帆船はニューヨーク州のAlbanyにあります。因みに、ヘンリー・ハドソンは、ディスカバリーによる、4回目の北西航路開拓の探検航海で、アイスランド、グリーンランドを経て、1610年8月にハドソン湾に到達しました。1610年の冬から11年の春に掛けてハドソン湾が氷に閉ざされた為に越冬。ヘンリー・ハドソンは氷が解けた後に太平洋に抜ける航路の探検を進めようとしたのですが、乗組員の反乱にあい、息子と腹心に部下と共に天蓋ボートに置き去りにされてしまいました。ハドソンの最期は誰にも判りません。ディスカバリーは反乱した乗組員と共に英国に帰港しましたが、その後の船歴は途絶えています。

Discovery (3) 全景前部

さて、現在ジェームズ・タウンに係留されているディスカバリーもゴッドスピードと同じく4代目です。この帆船は、なんと2008年の夏に訪れたメイン州のBoothbay HarborBoothbay Harbor Shipyardで建造されました。建造時の写真を次のサイトで見ることが出来ます。ディスカバリーⅣの大きさは、全長66ft(約20.1m)、デッキ長50.1ft(約15.3m)、全幅14ft(約4.26m)、高さ59ft(約18m)、重さは20トンです。

この艤装をどう表現すれば良いのでしょうか?ケッチ型の変形といえないことはないと思いますが正確には判りません。手元にあるスウェーデンの提督であり造船技師であったチャップマン(Fredrik Henrik Af Chapman、1721~1808年)の著書の中の図面LXIIのNo.7で分類されているDogger(漁船)が一番近いような気がしますが、ちょっとチャップマンの時代と違いますね。因みにDoggerの名前は、英国の東の沖合いのドッガーバンク(Dogger Bank)漁場からと思われます。 ジェームズタウンを訪れた日(2010年8月)、ディスカバリーは、横帆展開の実演をしていました。中々雰囲気があります。

Discovery (4) Swivel Gun

武装はゴッドスピードと同じく回転砲(Swivel Gun)だけですが、ゴッドスピードより更に時代を感じる形状です。最後の船首部分の写真を掲載します。ウィンドラス(揚錨機)は更に簡素化されています。ストック・アンカーの置き方が面白いですね。

Discovery (6)ウインドラス

これでジェームズタウンの記事は終わりにします。2010年夏の米国旅行記も残り僅かになって来ました。NYC⇒ニュージャージ州⇒メリーランド州⇒バージニア州と車で移動し、ニューポートニューズ(Newport News) で1週間に亙る子供達のスポーツ競技会の後、ジェームズタウンに立ち寄り、最終目的地のワシントンDCに向いました。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する