スーザン・コンスタント復元船(Susan Constant 1991 、バージニア州  ジェームズタウン、その3)

Susan Constant全景

現在バージニア州のジェームスタウン博物館に展示されているスーザン・コンスタントは、全長116ft(約35.4m)、デッキ長82ft(約25m)、全幅24ft(約7.3m)、マストの高さ95ft(約29m)、120トンのサイズです。

スーザン・コンスタントの復元船は2隻目です。最初の復元船は、アメリカ入植350年記念に合せ、1957年にバージニア州ノーフォークのCurtis-Dunn Marine Shipyardで製作され、その式典には英国のエリザベス女王も臨席され盛大に行われたそうです。

さて、2隻目の復元船(つまりスーザン・コンスタントⅢ?)は、上記した通り、 Allen C. Rawl, Incにより1991年に製作されました。この会社は造船所を経営しているわけではなさそうなので、造船家というべきでしょう。ここでは、現在デラウエア州の親善帆船であるKalmar Nyckelも建造されています。余談ですが、1638年、つまりヴァーサー号が沈没して10年後に、スウェーデンからアメリカに移民が開始されたことを初めて知りました。Kalmar Nyckelは300トン程で、メイフラワー、スーザン・コンスタントより大型の帆船です。

Susan Constant (6)船首構造

さて、この帆船の細部を見ていきます。上の写真はほぼ正面から船首を撮影したものです。ヘッドレール、フィギュアヘッドの形状が良く判ります。次はヘッドレールをフォアキャッスル(船首楼)から撮影した写真です。帆船模型のキットでよく省略・簡素化される船首の構造にはいつも注目してしまいます。

Susan Constant (7)船首構造(上)

下はフォアキャッスル(Forecastle、船首楼)の拡大写真です。時代考察がしっかりおこなわれたと思われる、ストックアンカー(錨)、キャットヘッドの構造、少し三角型の形状となっているデットアイに注目してみて下さい。

Susan Constant (5)船首楼

又、写真が増えて来てしまいました。船内の写真の紹介は次の記事にしたいと思います。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する