USS Constitution 1797 (その10、スパー・デッキ)

USS Constitution 2009 Spar Deck Front

2009年7月にコンスティテューションを再訪した時も、スパー・デッキは修復中で、肝心のカロネード砲の砲列が撤去されていました。本来であれば、32ポンドのカロネード砲が片側12門、合計で24門がスパー・デッキに設置されている筈です。さらに2009年夏時点では、スパーデッキの大部分が仮設天井に覆われていました。お陰で訪問日は雨模様でしたが濡れずに見学ができましたが。

冒頭の写真は、スパー・デッキの前部からスターボートサイド(右舷)を撮影したものです。木製のクリートの取り付け方が良くわかります。因みにコンスティテューションのデッキは、ニビング(Nibbing)されていません。今回の補修では、スパー・デッキの甲板材を全て張り替える予定だそうですので、修理が完了したら再度チェックしてみたいと思います。帆船を見学するときに、ニビングがされているか否かは結構気になりますが、USSコンステレーションのニビングも左右で差異がありましたし、模型作成の際にはあまり気にすることはないのかもしれません。

USS Constitution 2009 Spar Deck 甲板

カロネード砲は撤去されていますが、砲板、テークル(Tackle)の取り付け金具は下の写真のようになっていることを詳しく観察することが出来ました。

USS Constitution 2009 Spar Deck Gun Port

又、訳が判らない各部の拡大写真が増えてしまいましたが懲りずに続けます。次は、フォアマストのビットとファイフレールの構造です。ビットには滑車が組み込んであります。ファイフレールの寸法を測ったところ、厚みが13cmもありました。Model Shipwaysのキットの縮尺は、1/76.8ですので、模型のファイルレールの厚みは約1.7mmということになります。ところで、ファイフレールのビレイピンの穴のサイズを測ったところ、直径4cmほどでした。ビレイピンを正確な縮尺とすると、中間部が直径0.5mm程度になります。やはりキットのビレイピンは総じて太すぎですね。

USS Constitution 2009 Spar Deck Fore Mast Base

さて最後に陸揚げされていた、ヤードの写真とジブ・ブームが取り外されたバウスプリットを撮影しました。ヤード類は補修が完了してマストに揚げられると、間近で見ることができませんので貴重な写真だと思います。

USS Constitution ヤード置き場

USS Constitution メインヤード

USS Constitution Bowsprit

ということで、2009年夏に訪れたUSSコンスティテューションの詳細写真の紹介はこれで終わりにします。公式WEBサイトを見ると、同艦の現在の姿を見ることができますが、下の写真は2011年1月時点で撮影されたものです(公式WEBから引用)。2012年の第二次英米戦争(1812年~)200周年に向けて順調に修復工事がが進んでいることが判ります。いつか機会があれば、補修後の雄姿を見に行きたいと思います。

USS Constitution Jan 2011

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する