衝動買い

2002年の春に旅行でローマを訪れていた際に、スペイン広場から程近いおもちゃ屋のショーウィンドーに帆船模型のサンプルが飾ってありました。

ところが、この店では帆船模型は扱っておらず、別の模型店を紹介するということで、ちょっと混乱しましたが、折角だからと、当時5歳の娘の手を引いて教えられた店に地下鉄を乗り継いで行ってみました。今となっては店の名前も覚えていませんが、住宅地の中の小さなおもちゃ屋さん。

入り口に(余り出来のよくない。失礼)Royal Carolineが展示してあり、会計カウンターの奥の棚に、帆船模型キットが幾つか置いてありました。カタログを捲りながら、いちいちキット名を指定してチェックする方法で、イタリア人の初老の店長は、ちょっと訝しい目で僕を見ていましたが、「初心者か、或いは何隻が以前につくったか」と質問して来ます。(実際に完成した船はないけど)「購入するのは4隻目(これは嘘ではない。。)」と答えると、漸く笑みを浮かべ、いくつかのキットを推薦してくれました。

店長一押しのキットは、Royal Carolineでしたが(しつこいが、入り口の模型が余りに雑だったので、キットが良くないのではと勘違いし)、Mamoli社製がいいとリクエスト(実は、数ヶ月前にロンドンのおもちゃ屋でMamoliのカタログを入手し何時も眺めていた)。作りやすそうで船体が綺麗なので、買うのであれば、 Marseilleにしようと思っていたのですが、キットの内容を見ていると、3ポンドの練習砲が格好悪く見えてきて、次に見せられたLa Gloireをなんと衝動買いしてしまいました。。。

カバー写真は美しいフリゲート、1/90の縮尺も後で後悔することになるのですが(因みにMarseilleは1/64)、その時は何か嬉しくて堪らない気持ちで、キットの箱(と娘を)を抱えてホテルに戻りました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する