FC2ブログ

Georg Stage 1934 (フルリグド・シップ型帆船ゲオルグ・スターゲ)

George Stage Drone 2

この均整の取れた美しい全装帆船は、1934年にデンマークのFrederikshavnで帆走練習船として設計・建造されました。初代のGeorg Stageが世界最古の帆走練習船として建造されたのが1882年で、この帆船は同じ名前の2隻目に当たります。因みにに初代はジョセフ・コンラッド(Jpseph Conrad)と改名されMystic Seaportで保存されています。

George Stage Drone

ドローンの高度を少し上げてみます。デッキ構造物は見事なマホガニー製で本当に美しい帆船です。上空から見ると通常スターボード側のボートダビットに吊るされているテンダーが、ポート側に浮かんでいるのが判ります。因みに、船尾に吊るされた船長用ギグは綺麗なクリンカー張りです。黒い船体に金で描かれたスターン飾りと船名も際立っていました。

Geprge Stage Gig

Georg Stageのサイズは全長177ft(54m)、船体長138ft(42m)、船幅28ft(8.4m)、281Gross Tonです。キャットヘッドにストック・アンカーが吊るされクラシカルな雰囲気です。ヘッドレイルは金の唐草模様、船首像も金色に塗られ勢を尽くした帆船の趣です。

George Stage Bow View

右舷の航海灯を見ると、これもマホガニー製の枠に真鍮のライトと完璧です。Georg Stageは今まで見てきた帆船の中で特にディティールまで高級感に溢れています。残念乍ら一般に公開されていた時間が18:00-20:00と短く船上を見学することが叶いませんでしたが、いつか機会があればじっくりと検分したいです。

George Stage Starboard Light

Georg StageはTall Ships RaceのCruise in Companyのリストにはありましたが、2018年7月29日の帆船パレードにも、Race-2にも参加していませんでしたので、洋上で撮影することは出来ませんでした。

George Stage Stern View

後ろ姿も端正ですね。いつか帆走する姿が見たいです。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行