(祝)チャールズ・W・モーガンの(再)進水式 2013年7月21日

CWM relaunched on July 21,2013

久しぶりに帆船関係の記事を見ていたら、MYSTIC SEAPORTにて、1841年に建造された帆走捕鯨船チャールズ・W・モーガンが、5年間に及ぶ修復作業を経て、172回目の誕生日にあたる2013年7月21日に再進水していたことを知りました。

冒頭の写真は、コネチカット州のMYSTIC SEAPORTの公式WEBから借用したものですが、まるで新しい木造帆船が進水するような光景です。尤も、この帆船の補修は全ての外板を張り替えるような大掛かりなものですので、正に新造船のような趣です。Shutter Plant(最後の外板張り)が完了したのが昨年2012年5月でしたので、あれから進水式まで1年以上も掛かったのですね。この壮大なプロジェクトの関係者、ボランティアの方々に改めて敬意を表します。

進水式の様子は、少し長いビデオですが、ここから見ることができます。進水式に使われたボトルにはシャンパンではなく、チャールズ・W・モーガンの80年間の現役時代に航海した、大西洋、太平洋、インド洋等々の海水をブレンドした水を入れたそうです。進水式でボトルを割ったのは、なんと、この捕鯨船の建造時のオーナーの子孫だそうです。

CWM July 2008

上の写真は、5年前の2008年7月に、MYSTIC SEAPORTを訪れた時に撮影した、チャールズ・W・モーガンの姿ですが、2014年5月迄に艤装を整え航海(!)に出るそうですので、又、訪れてみたいと思います。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行