海賊の島(Frégate Island 2011、その11 、島の歴史と私設博物館   【後編】)

Fregate Island Museum (2)

Frégate Islandの小さな私設博物館を兼ねるプランテーション・ハウスの展示物に、島で産出されたバニラとかのサンプルとか、19世紀頃(?)使われていたランプ、蓄音機とか、昔の麦藁帽子とか、昔の版画とか雑多な展示品に交じり、額縁に入れられたA4ほどのサイズの作文が置かれているのが目に止まりました。冒頭の写真の飾りケースに挟まれたところにある小さな額です。

「I was an island girl」という題名に興味を引かれます。内容を少し引用してみると、「At the age of eleven, coming to live on Fregate island was an exciting adventure(ちょうど11歳の時にこの島に移り住んだことは心躍る冒険でした)」と、素敵な文で始まります。

この作文にはMargaret Westergreenという署名以外は、日付も記載されていません。無論、作者についての解説もありません。なんとも見学者の想像力を掻き立てます。

11歳のマーガレットという名前の少女は、島の管理人であった父親、母親、兄弟(単にBrotherなので、兄か弟から判明しません)と共にFrégate Islandに移り住みました。7年前(ということはマーガレットがこの文章を書いたのは18歳の時ですね)、この島には、ホテルもマリーナも舗装された道路も、テレビさえなかったそうです。建物もプランテーション・ハウス(Old Plantation House)、ボートハウス、数棟の古い小屋(Old Chalet)、それに労働者が住む小さな家しかありません。住人は、マーガレット一家、’Commodore'の渾名(「提督」という感じでしょうか)で呼ばれていたムッシュー・ジルベルト。因みにジルベルト氏は、Treasure Diggerが職業なので宝探しをしていたのでしょう。鼠駆除担当のミスター・ジョン。それに10人程の労働者が全部の島民です。

月2回マヘ島から飛来する飛行機と、3ヶ月に1回、食糧と生活必需品を運んで来るスクーナー(!)が、マーガレット一家が外界に触れることができる限られた機会だったそうなので、本当にIsolated Island(孤立した島)の言葉とおりの場所ですね。この当時は港が整備されていなかったので、スクーナーはリーフ(サンゴ礁)の外の沖合に停泊し、2艘しかない小さなボートが往復して貨物を島に運んだそうです。

Marina from the helicopter

マーガレットが住んでいたのは、今のマリーナの辺りの砂浜に面した家でしたので、毎日ビーチでホーム・スクーリング(Home Schooling)をして、勉強の後は、サンゴ礁の海に潜るのが日課だったそうです。

上の写真は、ヘリコプターからマリーナ・ビ-チ付近を撮影したものですが、マーガレットの家は、もしかして今のヨットクラブの建物かもしれません。ヨットクラブは、白く塗られた木造家屋で、これも見事なハードウッドのフローリングです。今は、リゾートのプール・バーになっていますが、クレオール・スタイルの魅力的な建物です。

Yacht Club House

動物が好きだったマーガレットは、島に自分の動物園を作ります。子ガメ、ギニーピッグ(guinea pigs)、傷ついた鳥、更に、ヤモリ、トカゲ、ヘビもいます。牛も島で生まれた子牛もマーガレットのペットです。ペットだけではありません、マーガレットは、家の前のビーチで孵化したウミガメの赤ちゃんを海水で満たした生簀で成長するまで育てて海に放すこともしていました。

この作文は、マーガレットの一番大きく、そして変な(Oddest)ペットだった、150歳のアルダブラゾウガメのジェームズ(James)の描写で終わっています。あるセイシェルの老人に似ている(?)ことから、マーガレットは、カメにジェームズと名付けたそうです。

今でもこの島の人気者(カメ)のジェームスは、マーガレットが名付けの親なのですね。

作文が書かれた時期は不明ですが、「Seven years ago, there was no hotel, marina,... 」と記載がありますのでマーガレットがこの文書を書いた時には、既にホテルがあったと思われます。この島のリゾ-トは1998年にオープンしていますので、文書が書かれたのは1991年頃なのでしょうか?というとマーガレットは1980年頃に生まれている?と、どんどん想像が膨らんでいきます。

from the signal mt (2)

上の写真は、ある午後のFrégate Islandの最高峰(?)のHigh Teaの光景です。この眺めの良い場所に到達するには、20分程のトレッキングが必要ですが、なんと僕達のバトラーが軽食を運び上げていてくれました。心地よい風に吹かれて、お茶を頂きながら見事なパノラマ堪能していると、眼下にマリーナと(マーガレット一家が住んでいたと勝手に想像する)ヨット・クラブの建物が見えました。

From the High Tea

思った以上に長い連載になってしまいましたが、この辺でFrégate Islandの記事は終わりにしたいと思います。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行