FC2ブログ

STV SEDOV 1921 (バーク型帆走練習船セドフ) その4

Sedov 6 figurehead

Sedovをじっくり眺めていると、どうしてもPekingを思い起こします。SedovはFlying P-Lineのフリートではなく、建造されたのもPekingの10年後ですが黒い塗装のためでしょうか。無骨な貨物帆船そのままのSedovの舷側に近寄ると、100年近くの時間を刻んだ重みを感じました。

Sedov side viewjpg

本当のFlying P-LinerであったKruzenshternより、往年の帆走貨物船の雰囲気を感じるのは、塗装と共に控え目なブリッジ(船橋)の為かもしれません。Krusenshuternは、ソ連時代に設置された近代的な大型ブリッジが幾分雰囲気を削いでしまっているような印象を受けます。

Sedov Parade sideview

帆船パレードでは、残念ながらセールは揚げてくれませんでしたが、やはり停泊している姿とは違います。ボートで近くによると28mmの広角レンズで漸く全景を写真に収めることができる程の大きさでした。

POS Sedov Poop Deck

どこから見ても美しい姿ですが、このクオーターバックからの眺めは最高です。黒と白の船体、喫水下の赤の塗装と見事にFlying P-Linerの塗装パターンを踏襲しています。もっともKommodore Johnsenの船名でNorddeutscher Lloydが運行していた時代(1936-1945)の写真を見るとやはり黒と白の船体ですので、F. Laeiszの往年のフリートの専売特許ではないのでしょうが。

Sedov POS quaterback

先行する真新しく華があるStad Amsterdamの後ろを悠々と進む巨大なSedovの姿が印象的でした。いつかセールを揚げた姿を見てみたいものです。

Sedov and Stad Amsterdam at POS

これでSEDOVの記事は終わりにします。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

STV SEDOV 1921 (バーク型帆走練習船セドフ) その3

Sedov Upper Deck

長いPoop DeckからUpper Deckに降ります。Upper Deckにでは、船員がタバコを吹かしていました。大らかな感じですね。昔のソ連とあまり雰囲気が変わっていない気がします。ソ連時代と異なると思われるのは、Upper Deckから見えたロシア正教の礼拝所でしょう。無論、ソ連時代にもロシア正教の寺院は存在しましたが、少なくとも練習船の中に礼拝所はなかったのではないでしょうか。

Sedov 礼拝堂

デッキの端で土産物が売られていました。トレーナーとかTシャツとかバッジとか細々としたものです。担当していた船員に声を掛けたら、「昔極東で船員をしていた。日本には何度も行ったよ。函館とか小樽とか」とお約束の内容ですが少し嬉しくなりました。余り気が利いた物はなかったのですが、Седов(ロシア語でSedov)と書かれて4本マストの帆船が描かれている小さなマグネットとバッジを買いました。2009年にハリファックスでKuruzenshternの船上でも似たようなバッジを買ったのを想い出しました。

Sedov Front end

フォアキャッスルに上がる前に船首部分を覗いてみると、アンカーウインチの手前に安全パーネスらしきものが架かっていました。この船は鋼鉄船ですが、写真の通りデッキ材がマージンプランクに綺麗にジョグリングされていました。

Sedov Foredeck

フォアキャッスルからUpper Deckを見下ろすと、改めて巨大な帆船であることを実感します。
船首に目を移すと船鐘が吊られていました。綺麗に磨き込まれた真鍮製のシップベルは、古今東西同じ習慣ですね。

Sedov Ship Bell

Sedovのリギングの合間から僚船のKuruzenshternが見えます。世界最大の帆走練習船から世界第2位の帆走練習船を眺める贅沢を味わいました。

Sedov Forecastle

SEDOVの記事は次に続きます。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

STV SEDOV 1921 (バーク型帆走練習船セドフ) その2

Sedov 7 from stern

Sedovの記事を再開します。

船上に上がると大型帆船らしい広いデッキが広がっています。
上記の写真は、船尾楼甲板(Poop Deck)の後方から撮影したものですが、甲板の左右にブリキ製のカバーがされた突起物が延々と続いており、足を引っ掛けてしまいそうです。

Sedov Wheel

このブリキの突起を辿っていくと、Poop Deckの前方に位置するナビゲーションハウスの前に鎮座している大きな舵輪に接続されていました。ということは、舵を動かし操船する為のケーブルが延々と甲板を伝って張っているいるのでしょうか?確かに今一度、このブリキの突起を辿ると、後部甲板のラダー装置に行き着きました。なんと原始的な構造なのでしょうか。多分、帆走練習船として実用的な機能として後日追加されたのかもしれませんが、なんともソ連的な感じがします。

Rear Rudder Structure

さて、さらにPoop Deckを前方に進むと元来の帆走輸送船の雰囲気が満喫できます。メインマストの付け根にある錆びだらけのケーブルが巻かれた油まみれのウインチを見ると、小綺麗なStad Amsterdamと対極にある帆船であることを実感します。

Sedov Main upper deck

時折、曇った声の船内ラジオ・アナウンスが流れてきます。無論ロシア語です、流石に伝声管ではないでしょうが、まるで昔の映画のような雰囲気です。メインマストを見上げると整然としたリギング、綺麗に巻かれたセールが目に入ります。

Sedov Main Mast

次は船体後部から中部に繋がる長いPoop DeckからUpper Deckに降ります。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

STV SEDOV 1921 (バーク型帆走練習船セドフ) その1

Sedov 5 Bow

STV Sedovは、4本マストの現役帆船の中で世界一の大きさを誇っています。2000年に5本マストのフルリグド・シップ型クルーズ帆船のRoyal Clipperが建造されるまでは、約80年間に亘りセドフは世界最大の現役の帆船でした。

ところで世界第2位の4本マストの帆船はKruzenshternですが、セドフのサイズは全長385.6ft(117.5m)、船幅48.1ft(14.7m)、総排水量6,148トンと、クルゼンシュテルン(全長376ft、船幅46ft)より僅かに上回っています。

Sedov 1

この帆船はドイツのブレーメンを本拠とするF.A.Vinnen & CoがキールのFriedrich Krupp Germaniawerft造船所に発注し1921年に竣工しました。当時の船名はMagdalene Vinnen IIでした。当時は内燃機関を持たない純粋な帆船が多い中で、この帆船は建造時からスクリューが装着されていたのが特徴だそうです。

冒頭の写真を拡大すると、従来のムルマンスクの紋章が組み込まれたフィギュアヘッドが取り外されているのが判ります。SEDOVは、2017年5月にムルマンスク国立工科大学(Murmansk State Technical University)からカリーニングラード国立工科大学(Kaliningrad State Technical University)に所属が変更になっていることが理由と思われます。船尾を見るとしっかりロシア語でКалининград(Kaliningrad)と母港が表記されていました。

Sedov 3

僕のSEDOVのイメージは白い船体で、同じくカリーニングラードを拠点とする砲門が描かれた黒色の船体のクルゼンシュテルンと好対照のイメージでしたが、2005年にドイツ映画 "Der Untergang der Pamir"("Lost of Pamir")に出演した際にFlying P-Linersの伝統に従いブラックの船体に塗り替えられたそうです。マストも鮮やかな橙色に塗られています。

Sedov 4 side

さて次は船上に上がります。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

LOA 1922 (バーケンティン型帆船 LOA)

LOA POS

LOAはデンマークのAalborgを母港にするバーケンティン型(Barquentine)帆船です。元々はスクーナー型の艤装で同じデンマークのSvendborgで1922年に建造されました。建造時の船名はアフロディア(Aphrodite)で美しい名前の木造船でした。船体はオーク材で造られていたそうです。1952年にLOAと改名され1972 年までは輸送帆船として長い期間活躍、その後個人オーナーを経て、2003年にTall Ship Aalborg Foundationに寄付されました。

LOA from Stern

この帆船のホームページは、一部を除きデンマーク語ですし限られた情報しかありませんが、2004年〜2009年に大掛かりな改修が行われ、艤装もバーケンティンとなったそうです。

クラスAの木造バーケンティン型帆船で興味があったのですが、この帆船もタイミングが合わず見学が出来ませんでした。全長131ft(40m)、船体長100ft(30.5m)、船幅20.7ft(6.3m)、95Gross Tonと、長いバウスプリットを持ったスマートなクリッパー型の帆船です。ドルフィン・ストライカーはネプチューンの銛のデザインです。建造時のアフロディアの名前の方がしっくりきます。

LOA Bow

鋼鉄船からの改造ではなく、元々3本マストの帆船として建造されていますので、本当にバランスが良く美しい船です。下の写真を拡大するとシュラウド(Shrouds)を固定する長いチェーンプレート(Chainplates)の形状が良く解ります。

LOA Stern

ブルーに塗装された船体、木製のマスト、ヤード、ブームとクラシカルな姿ですね。今回Tall Ships Stavanger 2018に参加していたAクラスの木製の帆船は17世紀のフリゲート艦のレプリカShtandartとこのLOAの2隻だけでした。Shtandartの奥に停泊していたので、スタヴァンゲルの港でLOAはあまり目立っていませんでしたが。

LOA in POS bow

展帆せずともとても美しい姿です。写真を拡大すると、キャットヘッドのデザインがデンマークの国旗をモチーフにしていたりと粋な感じです。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行