La Gloireについて(その3、1795年、HMS Astraeaとの遭遇戦)

La Gloire vs HMS Astrea 1795

この絵は英国ロンドン近郊のグリニッチ(Greenwich)のある国立海洋博物館(National Maritime Museum)の所蔵品で、Thamas Whitcome(1760~1824)が描いたものです。 

1795年4月10日、コルポイス提督(海軍少将)指揮下の戦列艦5隻、フリゲート艦3隻の海峡艦隊(Channel Fleet)は、濃霧に紛れて封鎖突破を目論んでいると思われる、3隻のフランス艦らしき帆影を視認。Henry Powlett(Paulet)艦長の32門フリゲート艦アストレア号(HMS Astraea)が追跡したところ、その1隻のフランス海軍のフリゲート艦と遭遇しました。相手は42門搭載のグロリア号(英語読みです。La Gloire、Beens艦長)でした。アストレア号とグロリア号が互いに砲撃を開始したのは18:00頃。22:30頃には両艦が接近し、58分間の激しい砲撃、戦闘の後にグロリア号は旗を降ろし降伏しました。アストレア号は、メイン・トップマストを打ち倒され、他のトップマストも大きな損傷を受けましたが、戦死者はなく負傷8名。片やグロリア号は40名の死傷者を出しています。

手元に1795年4月13日にPowlett艦長が記載し、海軍官報に掲載された報告書のコピーがあります(印刷が不明瞭で読みづらいですが、簡潔で纏まっており報告書のお手本的な文章)。この報告書では、グロリア号はメインデッキに12ポンド砲を26門搭載、クオーターデッキに6ポンド砲を10問、更に36ポンドカロネード砲を4門搭載、それにフォアキャッスルに6ポンド砲を2門搭載となっており、合計で42門艦と記載されています。又、乗組員は合計で275人と報告されています。片やアストレア号は、32門艦でこの戦闘時の乗組員は212人でしたので、劣勢の英国側が完全に勝利した好例といえるでしょう。当時は、装備、将兵の数が劣る英国海軍がそれを凌駕する敵を打ち負かせて当然との風潮(精神論?)があったそうですが、戦う側としては堪ったものでありませんね。

因みにPowlett艦長は、この戦闘により海軍勲章(Naval Gold Medal)を授与されています。これは後にシャノン号のブローク艦長に授与されたものと同じ勲章です。又、Powlett艦長は、その後セント・ビンセント沖の海戦、コペンハーゲン海戦等にも参戦しており、最終職位はVice Admiral(海軍中将)、1815年にバス勲章を下賜されています。

さてグロリア号ですが、12ポンド砲をメインデッキに26門並べており、基本設計は34門艦なのでしょうが、1795年の戦闘時はかなりの過積載ですね。この海戦時にはカロネード砲が搭載されていたと記載されておりますので(1778年の建造当時はカロネード砲は存在しないが)、Mamoli社のキットにあるカロネード砲は全く根拠がないものではないことが判りました。しかし、戦闘当時の姿を再現するのであれば、クオーターデッキの片側に7門の砲門を開ける必要があります。模型ではキット通りに片側に3門の砲門しか開けませんでしたが、さすがにこれを作り直すのは止めます。

La Gloireは1795年に英国海軍に捕獲された後、HMS Gloireとして登録されておりますが、1802年に売却処分となっています。

ところで、HMS Astraeaの艦歴はどうなっているのでしょうか?

HMS Astraeaは1781年7月21日にEast CowesのRobert Fabianの造船所で進水。約700トン、ガンデッキ長が126フィート、32門艦の当時の典型的な5等級フリゲート艦です。

Capture_of_the_South_Carolina.jpg

La Gloireを捕獲する前に、既に1782年12月20日に、北米艦隊の僚艦HMS Diomade(44門搭載の2層フリゲート艦)及びHMS Quebec(HMS Astraeaと同じ5等級のフリゲート艦)と共に、アメリカの超大型フリゲート艦South Carolinaを捕獲しています。また大きく脱線しますが、このSouth Carolinaは、元々フランス海軍のL'Indienとして1778年(La Gloireと同じ年)にアムステルダムで進水しています。本来74門艦として建造が開始されましたが、途中でフリゲート艦に設計を変更したこともあり、ガンデッキにはスウェーデン製の36ポンド砲(!)を28門搭載する超弩級のフリゲート艦でした(建造後に改造されたのではなく、建造中に設計を変更した例です)。因みにこのSouth Carolinaはコンスティテューション号を建造する際に参考にされたそうです。

South Carolinaは、サウス・キャロライナ州の海軍組織であるSouth Carolina Navyに属しておりました。しかしこのフリゲート艦は、ルクセンブルク公爵が3年間の傭船契約を行なっており、敵国船捕獲の場合は捕獲金額の25%をルクセンブルク公爵に支払う契約があったそうです。現在でいえば投資家と同じですね。尚、South Carolina Navyは、大陸海軍(Continental Navy)とは別にアメリカ独立戦争時に組織されていたらしいですが、調べるといろいろな史実が判り面白いです。

テーマ : 帆船模型 - ジャンル : 趣味・実用

La Gloireについて(その2、帆船模型の楽しみ)

La Gloire 7.26.2003 C

自己プロフィールで、「模型作りを目的にしていない」と記載していますが、本音を言うと、これはいつになっても1隻目が完成しないことに対する言い訳も込めています。正確には1隻目の帆船模型は、80年代の初頭にヘルシンキ(フィンランド)で購入して作成を開始したものの途中で止めてしまったので、実際にはLa Gloireが2隻目なのですが。上の写真は、約7年前の2003年夏時点のMamoli社キットのLa Gloireの建造風景です。外板下張りがほぼ終わった姿です。今の姿は下の通りですが、まだまだ完成には程遠い状態です。7年掛かってこの状態ですので先が思いやられます。アンティーク家具も大好きなのですが(趣味と言える程のコレクションはないが)、帆船模型も建造途中のままでアンティーク化しないか心配です。まあ、いろいろ寄り道をしたお陰で帆船についての趣味範囲が広がったので良しとしましょう。

La Gloire Apr 2010

帆船模型の紹介の多くが「先ずはキットの説明書通りに1隻目を完成させる」ことを推薦していますが、元来アマノジャクな性格の僕は先ずはキットに疑いの目を向けます。そもそもキットの船は実存したのか?仮に実存したのであれば、どういう遍歴を辿ったのか?キットの図面は何処まで正確なのか?キットは何処までデフォルメ或いは省略されているのか、等々と情報が入るにつれ、模型製作の手が止まってしまいます。困るのは最近はキットの説明書通りに作ったところを壊して作り直すことが多く余計時間が掛かります。それでは何故キットを買うのか、図面だけ買ってスクラッチビルトにすればいいのでは、との話しになりますが、そこまでの甲斐性は無いし(リタイアしたら是非にと思っているのですが、当分先の話)、キットの箱の写真を見て中身を検分すると、どうしても欲しくなってしまうのです。と、いう訳で、未作成の帆船模型キットのストックが積み上がります。

ストックの一部を紹介すると、先に記事で書いたModel Shipways社のUSS Constitution、これはかなり前になりますが、欧州の辺境で見つけたPanart社のRoyal Caroline(箱を開くと目に入る綺麗に整理された彫刻類を見て一発で陥落)、英国ポンドが下がった時にのメーカーのWEBから直接購入したJotika社のHMS Diana(実は送料が結構掛かった)とか、いろいろあります。個人的にはフリゲート艦が好きですね。さすがに戦列艦には未だ手を出していません。Jotika社が開発中のHMS Surpriseについては「販売が開始されたら直ぐに買うので連絡が欲しい」と1年ほど前にメーカーにメッセージを入れているのですが一向に発売されません。

さて、La Gloireに戻ります。このフランスの34門搭載のフリゲート艦について、以前記事で書いた通り(La Gloireについて(その1))に大まかな船歴は判りましたが、もうちょっと調べてみることにします。これが模型作りの手が動かない一番の原因なのですが。。。

テーマ : 帆船模型 - ジャンル : 趣味・実用

La Gloireについて

La Gloireは有名な艦船ではありません。キットの解説では、1778年にSan MaroでGuigranceにより建造。34門艦で、12ポンド砲26門、6ポンド砲4門とカロネード砲を4門を搭載となておりますが、そもそも1778年(或いは、銅板張りがされたと解説がある1779年)には「仏海軍はカロネード砲を採用していない筈」とかツッコミどころも多いことを発見。

購入当時、2002年はインターネットが身近でなかったこともあり、全くこのフリゲートの情報がなかったのですが、その内に段々と艦歴が判明してきました。一番の資料は、ANCREのFREGATE Marine de France 1650-1850(英語版)。しっかりとLa Gloireはリストに記載されており、幻の船はないことで一安心。

ところが、1795年にTakenとなっており、どうやら英国海軍に捕捉された様子。その後調査した結果、1795年4月10日に32門艦の英国フリゲートAstreaが1対1の海戦でLa Gloireを拿捕していることが判りました。

英国海軍に編入されてからの艦歴は明確ではなく、あまり名誉のある船ではないような。何故、Mamoli社はこの船をキット化したのか聞いてみたいものです。



衝動買い

2002年の春に旅行でローマを訪れていた際に、スペイン広場から程近いおもちゃ屋のショーウィンドーに帆船模型のサンプルが飾ってありました。

ところが、この店では帆船模型は扱っておらず、別の模型店を紹介するということで、ちょっと混乱しましたが、折角だからと、当時5歳の娘の手を引いて教えられた店に地下鉄を乗り継いで行ってみました。今となっては店の名前も覚えていませんが、住宅地の中の小さなおもちゃ屋さん。

入り口に(余り出来のよくない。失礼)Royal Carolineが展示してあり、会計カウンターの奥の棚に、帆船模型キットが幾つか置いてありました。カタログを捲りながら、いちいちキット名を指定してチェックする方法で、イタリア人の初老の店長は、ちょっと訝しい目で僕を見ていましたが、「初心者か、或いは何隻が以前につくったか」と質問して来ます。(実際に完成した船はないけど)「購入するのは4隻目(これは嘘ではない。。)」と答えると、漸く笑みを浮かべ、いくつかのキットを推薦してくれました。

店長一押しのキットは、Royal Carolineでしたが(しつこいが、入り口の模型が余りに雑だったので、キットが良くないのではと勘違いし)、Mamoli社製がいいとリクエスト(実は、数ヶ月前にロンドンのおもちゃ屋でMamoliのカタログを入手し何時も眺めていた)。作りやすそうで船体が綺麗なので、買うのであれば、 Marseilleにしようと思っていたのですが、キットの内容を見ていると、3ポンドの練習砲が格好悪く見えてきて、次に見せられたLa Gloireをなんと衝動買いしてしまいました。。。

カバー写真は美しいフリゲート、1/90の縮尺も後で後悔することになるのですが(因みにMarseilleは1/64)、その時は何か嬉しくて堪らない気持ちで、キットの箱(と娘を)を抱えてホテルに戻りました。