The Tall Ship Races 2018

Race 2018 Start from Sunderland, UK

久しぶりの更新です。

7月14日英国夏時間の19:00にThe Tall Ship Races 2018のレースがスタートしました。
クラスAの帆船が15隻参加しているレース1は、英国SunderlandからデンマークのEsbjergの区間です。

現在のところ、ロシアのシップ型帆船ミール(Mir)が先行し、ポーランドのブリッグ型帆船フレデリック・ショパン(Fryderilk Chopin)が追いかける形です。

Stavanger 2011

上の写真は、2011年7月31にStavangerに住む旧友が自分のボートから撮影したTall Ship Races 2011のスタートの光景ですが、本日もこんな感じだったのでしょうか。

今年のレースは、レース1が上記した通りSunderlandとEsbjergの区間、レース2がノルウェーのStavangerとオランダのHarlingen区間です。

2009年のハリファックス以来の9年ぶりの帆船イベントを狙っているのですがどうなることやら。

Kruzenshutern 2009 in Halifax

EsbjergとStavangerのCruse in Companyのレグではクルゼンシュテェルンも参加します。フォア・トップマストが欠けていない雄姿を見てみたいものです。

Maserati Multi 70

Maserati Multi 70

香港を1月18日に出航したMaserati Multi 70は、現在、アフリカの最南端の希望峰の沖合を帆走中です。上の写真は公式WEBから借用した、Maserati Multi 70の姿です。

以前、Maseratiのレーシングヨットに関するいくつかの記事を書きましたが、ジョバンニ・ソルディーニ(Giovanni Soldini)が率いるチームの乗艇が、モノホール艇のVOR70から、マルチホールのトリマラン艇に変わってから少し興味を失っていました。

Maserati HKG to LDN

ところが、久しぶりのSoldiniのWEBを開いて見ると、なんとMaserati Multi 70がティークリッパーの歴史的なルートの最速記録に挑戦することになっていました。30分毎に更新される帆走記録楽しみにチェックしております。

02022018 Maserati position

香港−ロンドン間の帆走記録は、2008年9月にカタマラン艇のGitana 13が記録した41日21時間26分34秒が最速ですが、今のところMaserati Multi 70はこれを上回るスピードで進んでおり、航路のほぼ半分に当たる希望峰まで15日間で到達してします。下の写真は、2002年1月にCape Pointを訪れた時に撮影した希望峰ですが、そろそろ沖合にMaseratiが見えてくる頃です。

Cape of Good Hope 2002

香港−ロンドン間は、13,000海里の距離ですが、ティー・クリッパーが華やかだった1860年代は、福州−ロンドンの約14,000海里の長丁場のレースでした。1866年のレースでは、ArielとTeapingがほぼ同時にロンドンに到着し、99日の記録を作っています。ところで、有名なカティサークのこのルートの最速記録は、1876年の109日です。

Maserati Multi 70の記録更新を楽しみにしています。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

Happy New Year 2018

Maldive Kuda Hura Sunrise

冒頭の写真はモルディブで撮影したインド洋に昇る朝日です。

今年の目標は、製作中のFlying Fishを完成させることです。

2017年に帆船模型と向き合った時間は合計で12.5時間でした。それでも製材とかも含めるので純粋な作成時間はほんの僅かです。Flying Fishの甲板張りが漸く完了しましたが、2011年に着工してから長い時間が過ぎてしまいました。

Flying Fish Jan 2018

コーレルのキットをベースにしていますが、Howard I Chapelleの名著The American Fishing Schoonerの図面に忠実に再現しようと甲板構造を変えていますし、甲板はオーストラリア産の白檀張りにしてみたりと少し手間を掛けていますが、それでも6年以上の作成に掛かる言い訳にはなりませんね。

2017年は帆船紀行の機会もなく、塩っぽい話題はアマルフィ海岸を旅行した際にモーターヨットをチャーターした位でした。

Itama 46 Stern

今年はTall Ship Raceのホスト港がノルウェーのStavengerですので、若しかしたら2009年のノバスコシアのハリファックス以来の帆船フェスティバルを見に行けるかもしれません。

今年も宜しくお願い致します。

テーマ : 帆船紀行 - ジャンル : 旅行

Itama 46 (その1)

Capri Itama 46

今年の休暇は初夏の南イタリアで過ごしました。
家族でイタリアを訪れたのは、なんと2002年のサルデーニアとローマの旅行以来でした。
ポジターノに気に入ったヴィラがあり、そこに1週間ほど滞在しました。

今回は初めてのドローンを持っての旅行です。冒頭の写真は、ポジターノでチャーターしたItama 46でカプリ島をクルーズした際に撮影した画像です。船上から恐る恐るドローンを飛ばしていますが、カプリ島の海の色は上空から動画で撮影すると信じられないほど綺麗でした。

Itama 46 -1

チャーターしたボートの船体にはItama 50と船体に描かれていますが、スペック上は46ftです。但し、Itamaの最新のカタログではラインアップで45S(45.4ft)しかありませんので、この辺りはよく分かりません。

このスピード・ボートは車的にいうと超ロングノーズで、スタイルは抜群です。何となくマゼラーティの初代ギブリを彷彿させます。特にフロントがフラットな感じのところが似ています。船体前部には無骨な手摺のような捕まるところもなく、徹底的にデザイン優先で、機能的とは言い難いのですが、写真映えがします。

maserati ghibli

maserati-ghibli ss

さて、Itamaは1969年創業のスポーツヨット・メーカーで、Mario Amatiにより設立されました。Maserati Ghibli(Tipo AM115)が生産されたのは、1967〜73年ですので同じ時代ですね。何となく因果を感じます。

ところで、Itamaの名前は、Amariを逆に表記したものだそうです。Amatiと言えば、トリノの帆船模型のメーカーを想像してしまいますが、Itamaの創業地はローマ近郊でした。

Capri Itama

上の写真は、Itama 46のBowからカプリ島のフォラリオーニの奇石を撮影したものです。お約束の天然のアーチの下をスタイリッシュなボートでくぐると、小さな港があるMarina del Cantoneに向かいました。

テーマ : ★イタリア旅行★ - ジャンル : 旅行

SV MARGARITA 2015 - Lagoon 450 (その12) サントリーニ島(最終章)

Margatita Sailing

のんびり過ごしたイラクリア島のMerihas Beachを出航し、サントリーニ島に向かいます。
サントリーニ島からイオス島に逆風の中の航海とは違い順風です。直線距離でサントリーニ島のOia(イア)まで21NM(海里)ほどですので、サントリーニ島が見る見る近づいてきます。

to Santorini

日没までにマリーナに戻れば良いとのことですので、まだまだ時間はたっぷりあります。日没は8時過ですので、サントリーニ島のビーチを幾つか廻って、夕食は船上で取ることにしました。

Thirasia.jpg

少しイアの沖で停船して改めて見事な光景を眺めた後にカルデラに入り、ティラシア島(Therasia)進路を向けます。ティラシア島は、なんと人口300名程の島で、対岸のサントリーニ島(Thira) と全く異なった風情がありそうです。今回は海から眺めるだけでしたが。

Fira from caldera

カルデラから見ると、断崖絶壁に立ち並ぶ真っ白い壁の家々の特徴が特に際立ちます。何度見ても素晴らしい光景です。

Akrotiri, LIghthouse

さてアクロティリ岬(Akrotiri)の灯台を眺めながらカルデラを出てサントリーニ島の南に廻ります。サンセットクルーズに出かけるカタマランが増えてきます。

White Beach Rock

ホワイト・ビーチ沖に停泊し船上最後の夕食を頂きます。子供達はバウから飛び込みビーチに泳いで向かいました。鍾乳洞を探索して戻ったら丁度夕食の準備ができました。

Vlikhada Marina

Vlychada Marinaに入港した時は、夜08:00過ぎで西陽が傾いてきました。上陸すると地面が動いているような錯覚に陥り、航海が終わったことを実感しました。

SV Margarita。将来、機会があれば、また同じ船をチャーターしたいと思います。

テーマ : クルーズ - ジャンル : 旅行